「大谷翔平が大活躍!」報道に違和感…“個人の活躍”ばかり伝えるメディア

画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

二刀流で世界の注目を集めているメジャーリーガーの大谷翔平。しかし、彼の所属する『ロサンゼルス・エンゼルス』は微妙な成績が続いており、ネット上で不穏な空気が漂っている。

「エンゼルス」は日本時間の24日、本拠地のアナハイムにて『サンフランシスコ・ジャイアンツ』と対戦。大谷は2番・投手として出場し、6回6安打1失点の好成績を収めた。投手として今季最多の〝105球〟という力投を見せたが、打者としては3打数無安打の2三振。バッティングの方は振るわなかったものの、投手として充分な活躍を見せたといえるだろう。