みやぞんの「マイペースすぎる料理」ツッコミ殺到も面白さが好評

(C)Ysbrand Cosijn / Shutterstock

画像はイメージです(C)Shutterstock

8月17日にバラエティー番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)が放送され、お笑いコンビ『ANZEN漫才』のみやぞんが出演し、随所で笑いを生み出して視聴者から絶賛を浴びた。

みやぞんは土屋アンナらゲストと共に、《ちゃちゃっとできるおつまみ作り》に挑戦し、きゅうりと卵を使ったおつまみを披露した。その際に、包丁を使わず手できゅうりを6等分にするなど、不自然な行動を繰り返し、出演陣から厳しく指摘されていた。さらに、箸を手にして卵へ納豆を入れるシーンでは、木梨憲武に「箸が反対じゃない?」と嘘の指摘を受けるとあたふたし、周囲の笑いを誘った。

フライパンで卵を焼くときには加熱しすぎて焦げそうになり、周囲から「火が強いんだって」、「フライパンにふたをして」と矢継ぎ早に指摘されたみやぞんだが、焼き加減は全く気にしてない様子。しまいにみやぞんは「このビール最高じゃないですか」と突然ビールを飲みだした。

マイペースなみやぞんに苛立ったのか、石橋貴明は「早くやれよ、ビール飲んでねえでよ」と注意。みやぞんは慌ててフライパンにふたをして、なんとか料理を完成させた。

 

「とんねるずよりみやぞんが出るから見た」との声も

みやぞんの不慣れな調理の様子とは対照的に、できあがった料理は「うまい、うまい」とスタジオで絶賛された。みやぞんは「料理は実は感覚で(やっている)。一瞬ふたを閉めたほうが納豆に火が通りません? ふたを閉めたの3秒ぐらいでしたけど、その3秒が大きいんですよ、味が全然違うんですよ」と石橋やゲストの厳しい指摘を逆手に取って自分の手柄だと主張していた。

無茶苦茶な行動で周囲を呆れさせつつも、料理を上手に完成させて、なおかつ笑いも取ったみやぞん。これに対してインターネット上では《とんねるずは嫌いだけど、みやぞんは好きだから見た》、《みやぞんの会話はめちゃくちゃ面白いし、自分も料理でよくああいうミスをする》、《適当でハチャメチャな感じがとんねるずより楽しい。みやぞんは絶対料理番組に出たほうがいい》などとみやぞんを称賛する投稿が多数を占めていた。

人気低下がささやかれる同番組だが、この放送回はみやぞんに助けられる格好になった。

 

【画像】

(C)Ysbrand Cosijn / Shutterstock

【あわせて読みたい】

※ 志村けんの相変わらずセクハラ全開「昭和的コント」に視聴者が…

※ 露骨日テレ「香取、草彅いなかったことに…」過去映像から排除!

※ マツコ・デラックス不調?OA中見せた「体の腫れ」の正体は…

※ 小栗旬「事務所NG事項」をテレビで解禁

※ コード・ブルーの「流産シーン」が賛否紛糾の事態に