霜降り・粗品の“高級時計”購入にドン引き「闇を感じる」「怖い」

霜降り・粗品の“高級時計”購入にドン引き「闇を感じる」「怖い」 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

『霜降り明星』粗品が、6月25日放送のラジオ番組『霜降り明星のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)に出演。〝高級腕時計〟を購入したことを語ったが、その経緯にさまざまな声が寄せられている。

ラジオで粗品は、「349万円のパテック・フィリップの腕時計を買った」と告白。購入理由は「自分がMCする番組で腕時計、つけなあかん」と、時間配分などが求められる司会の仕事が増えたからだという。時計を買いに行こうとして、マネージャーらにお金を立て替えてもらうと、ちょうど349万円あり、「しかも349って僕らが『M-1』優勝した年のエントリーナンバー」と偶然が重なって腕時計を購入したと明かしている。

しかし1週間後に、ある収録で腕時計を預けていたマネージャーが落として時計を割ってしまうというハプニングが発生。それに対し粗品は「まぁまぁ仕方ない。修理代、調べといて」と穏便に済ませたという。そのあと、「修理に1カ月以上かかると言われて、寂しくてロレックスを買いに行った」と述べた粗品。『千鳥』ノブからは「えー! ありえへん。時計は割れんて」とツッコミがあがり、粗品は「もうちょっと怒ったらよかった」と落胆する素振りをみせていた。

粗品の“浪費癖”は治らない?

粗品の話にネット上では、

《高級時計割られても怒らない粗品好きだな~。無意味な怒りは時間ムダだもんね》
《粗品のカネの使い方は見ていて気持ちがいい。いくら稼ぎがあってもなかなかこれだけ豪快に散財できる人は少ないんじゃないかな?》
《マネージャーさんが時計割っても怒らないマインドめちゃくちゃ優しいじゃん…》

などと、一定数フォローの声が見られた。しかし、粗品の〝金銭感覚〟が心配になる人もいるようで、

《なんで借金メチャクチャあるのに、300万以上する腕時計を更に借金して買うの? どういう思考回路してるんだ…》
《懐が暖かくなると、金銭感覚も狂ってくるんだな。怖いわ》
《よっぽどの力で、コンリートにでも叩きつけないと割れない気がするけど…。そのマネージャーから恨みかってんじゃないの? 闇を感じる》
《よほど杜撰にしない限り、今どきの時計のガラスなんて割れないだろ。なんか嘘クサイ》

などといった声も寄せられている。

「粗品は、自他ともに認めるギャンブル好き。過去にはテレビ番組で、2018年の『M-1』で優勝した後にもらったという高級ブランド『ルイ・ヴィトン』の財布を披露していましたが、中身は〝消費者金融〟のカード4枚と、全財産だという現金約13万円でした。また、自身のYouTubeでは、今年1月にTBSまでタクシーで行ったものの、所持金がないため2300円が払えず、マネジャーが来て払ってもらったことを明かしています。さらに『生活費もないから、そのあとマネジャーに100万円借りた』と自ら告白していることから、粗品が高価な買い物をすればするほど周りが心配になってしまうのは致し方ないでしょう」(お笑いライター)

もはや痛快なほどにあっけからんとしているのが粗品のキャラなのかもしれない。

【あわせて読みたい】