『ドラゴン桜』最終回に不満続出! 謎が残ったラストに「消化不良すぎる」

『ドラゴン桜』最終回に不満続出! 謎が残ったラストに「消化不良すぎる」 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

6月27日、阿部寛の主演ドラマ『ドラゴン桜』(TBS系)第10話・最終回が放送された。大好評で終わった中で、とある点が気になるとの声も相次いでいる。

ドラマの主人公は、低偏差値で落ちこぼれの生徒たちを、たった半年で東大に合格させた伝説の弁護士・桜木建二(阿部)。前作の『ドラゴン桜』から16年が経過し、〝今の時代の日曜劇場でやるべきエッセンス〟を取り入れて物語を展開している。偏差値32の龍海学園を舞台に、桜木とその元生徒・水野(長澤まさみ)が、生徒たちを導いていく。

第10話では、ついに東大専科の生徒たちが受験。そして、天野(加藤清史郎)、楓(平手友梨奈)、瀬戸(髙橋海人)、麻里(志田彩良)、健太(細田佳央太)の5人が合格。菜緒(南沙良)は東大には落ちたものの、青山学院大学の合格を決めていた。

一方で、自分の進みたい学科にこだわった藤井(鈴鹿央士)は落ちてしまう。しかし、自分が変われたことに満足感を抱き、また勉強して来年受験することを決意するのだった。

『ドラゴン桜』重大シーンが謎のまま…

ところが最後のシーンでは、桜木が「お前らと一緒に俺も卒業だ」と学園から去ることを公言。今後も桜木に教えてもらえると思っていた藤井は、「ふざけんなよ、こんなの納得できるかよ」と不満を漏らす。だが桜木から「お前はもう勝つために必要なものは全て持ってる。諦めずに進め、必ずつかみ取れる」とエールを送られると、引き下がるのだった。

学園から去るという桜木だが、その理由は本編では明かされていない。そのためネット上では

《桜木先生は結局なんで出ていくん? 消化不良すぎる終わり方》
《桜木先生どこへ行ってしまうんですか……??》
《何で学校を去ることになったのか、理由がわからないまま終わってしまったね…》
《なんで辞めるのかわからなくてモヤモヤするわw》
《なんで桜木先生はいなくなっちゃうの?ってモヤモヤしてたらみんなもやっぱ同じことでモヤモヤしてたんだね》

など不満の声が相次いでいる。

ハッピーエンドの一方で、最後に大きな謎を残してしまったようだ。

【あわせて読みたい】