『ドラゴン桜』続編制作が確定!? 視聴者が見たい“その後”の話とは…

『ドラゴン桜』続編制作が確定!? 視聴者が見たい“その後”の話とは… 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

6月27日、阿部寛の主演ドラマ『ドラゴン桜』(TBS系)第10話・最終回が放送された。続きがありそうな終わり方に、スペシャル番組を期待する声があがっている。

ドラマの主人公は、落ちこぼれで低偏差値の生徒たちを、たった半年で東大に合格させた伝説の弁護士・桜木建二(阿部)。前作の『ドラゴン桜』から16年が経過し、〝今の時代の日曜劇場でやるべきエッセンス〟を取り入れ、物語を展開してきた。偏差値32の龍海学園を舞台に、桜木とその元生徒・水野(長澤まさみ)が、生徒たちを導いていく。

第10話では、ついに東大専科の生徒たちが受験。天野(加藤清史郎)、楓(平手友梨奈)、瀬戸(高橋海人)、麻里(志田彩良)、健太(細田佳央太)の5人が合格するが、菜緒(南沙良)は東大に落ちてしまう。しかし、青山学院大学の合格を決めた。

一方で、自分の進みたい学科にこだわった藤井(鈴鹿央士)は落ちてしまう。しかし、自分が変われたことに満足感を抱き、また勉強して来年受験することを決意するのだった。

11月頃にスペシャル番組か…

「話的には丸く収まった同作ですが、最終回では突如、桜木が理由も言わずに学園を去ることを公言。謎が残ったまま終わったことに、多くの視聴者がモヤモヤしています。これは続編を作るうえでの伏線になりそうですね。また、作中屈指の人気キャラに上り詰めた藤井や、不良コンビの小橋(西山潤)と岩井(西垣匠)の東大再受験もまだ残っています」(芸能記者)

ネット上でも

《早急にドラゴン桜のスペシャル版を求む! 藤井君と舎弟コンビを入れた新しい東大専科をプリーズ!》
《今回のメンバーの1年後をスペシャルドラマで見たいなぁ》
《ドラゴン桜は絶対絶対スペシャルドラマやるよね、そのためにその後のみんなのシーンなかったんだと思う》
《数字的に続編やら映画化やらスペシャルやらやらない理由が見当たらない》

など、続編は確定的だとみる声が多い。

「気になる続編の放送日ですが、ドラマのDVD&Blu-rayの発売日が11月10日とアナウンスされたので、その前後あたりが有力でしょう。ちょうと受験に向けて熱が高まってくるころなので、視聴率的にはますます好記録が望めるはずです」(同・記者)

原作を大幅改変して制作された2021年版『ドラゴン桜』。続きを作るには、十分に条件がそろっていそうだ。

【あわせて読みたい】