宇多田ヒカルの“カミングアウト”に賛否!「多様性の時代」「おかしな世の中」

宇多田ヒカルの“カミングアウト”に賛否!「多様性の時代」「おかしな世の中」 

(C)まいじつ 

歌手の宇多田ヒカルが6月26日、インスタライブを配信。〝ノンバイナリー〟であることをカミングアウトし、ファンをザワつかせている。

宇多田は部屋の背景に映るクマのぬいぐるみを指し、流ちょうな英語で「私の親友を紹介します。名前はクマちゃん、彼は男の子でゲイなんです」と紹介。続けて「私はノンバイナリー。ハッピープライドマンス!」とカミングアウトをした。

「〝ノンバイナリー〟とは、ジェンダー・アイデンティティーが明確に〝男性〟でも〝女性〟でもない人たちのことを言います。最近はアメリカ歌手のデミ・ロヴァートがノンバイナリーを公表。『これからは彼女でも彼でもなく、性別を問わない〝彼ら(They)〟に切り替える』と表明しました。宇多田は1週間前にも『日常的に「ミス・ミセス・ミズ」のどれかを選ばなきゃいけないことにうんざり 自分の婚姻状態や性別を前面に押し出す呼ばれ方に違和感しかないし、どの接頭辞もしっくりこない。選ばされる度に、自分を偽ることを強いられてるみたい。性自認や社会的立場に関係なく、誰でも使える別の選択肢があったらいいのにな~』などと投稿しており、ファンも薄々感じていたことでしょう。ネット上では賛否両論がありますが、今後、後に続く人も出てくるのではないでしょうか」(音楽ライター)

宇多田ヒカルの“告白”に疑問の声

ネット上ではさらっと宇多田が重大告白したことで、驚く人が続出。

《えっ、今、ノンバイナリーっていったよね。マジで初めて知ったわ~、ビックリです》
《昔からブログ読んでるけど以前から口にしてたよね。自分が女だっていうことがよくわからないらしいよ》
《どうせならきちんと日本語で言ってほしかったな。まぁ、多様性の時代だしなんの問題もないと思います》

などと、大きな反響を呼んでいる。一方で、子どももいる宇多田に対し、

《呼ばれたり書く時、選択する際は答えと自分の感情を結び付けることなく、ただ事務的にこなせば良いんじゃないでしょうか? 名前書く時はいちいち自分の感情と結びつけたりしないでしょ?》
《権利を主張しまくる風潮にも違和感しかない。おかしな世の中だなぁ》
《別に言わなくてもいいと思う。こんなに細分化してまで個人を識別しなきゃいけないって、なんだかストレス感じる》
《「自分はノンバイナリーです」と自分で自分をカテゴライズしてることに、ものすごい違和感。周囲にもそういう人いるけど、みんな普通に生活できればいいって、公言なんかしてないけどな》
《こういう問題ってラベリングやら何やら、ややこしくするから余計にややこしくなってるように見えちゃうわ》

などといった疑問の声も聞こえてくる。

宇多田は2002年に映画監督の紀里谷和明と結婚したが07年に離婚。その後、14年にイタリア人の一般男性と再婚したが、その結婚も4年で終わりを迎えている。2度の結婚と子どもがいるにもかかわらず〝ノンバイナリー〟を告白した宇多田は、今後のジェンダー論に大きな影響を与えそうだ。

【あわせて読みたい】