有吉弘行“ユーチューバー飲み会”に苦言! 芸能人との違いに納得の声

有吉弘行“ユーチューバー飲み会”に苦言! 芸能人との違いに納得の声 

(C)まいじつ 

『文春オンライン』が報道したユーチューバー31名による〝緊急事態宣言下での大パーティー〟騒動に関し、芸人の有吉弘行が疑問を呈した。

ユーチューバーたちは緊急事態宣言下で、酒類提供禁止や複数人での会食自粛が呼びかけられていたにもかかわらず、深夜まで31名にも及ぶ大規模の誕生日パーティーを開催。中には軽犯罪法違反に該当する立ち小便に及んだものもおり、ネット上で大きな非難を受けた。

報道後、一部は謝罪・活動休止を表明したが、中には謝罪を装った煽りをし、さらなる炎上を狙ったユーチューバーも。いかにもユーチューバーらしい非常識で反社会的な行為だが、有吉は6月27日放送のラジオ番組『SUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN系)でこれに言及した。

有吉は自らこの話題に触れると、「あれ、テレビ(に出てる人)だったら謹慎になるじゃない。あれは自分のチャンネルであいさつしたら『まあいいだろう』ってことになんのかね?」と、動画投稿という形が謝罪になるのかと疑問を呈する。

有吉のコメントがYouTubeの功罪を語るきっかけに

一部参加者の冠番組が放送自粛になったとの情報が入ると、有吉は「ああ、そういうもんなんだ。スポンサーとかついてる人はそういうのがあるだろうね」と納得。しかし、「でも無ければどうなんだろうね? 自分のところで謝ればいいのかな? それも再生回数みたいなやつに入るの?」とさらに疑問を呈し、アシスタントの山本浩司(タイムマシーン3号)が「さすがに広告はつけてないんじゃないですか?」と指摘すると、「でもあんまりマイナスじゃないの? それがいっぱい見られたら」と理解に苦しんだ様子だった。

そして、こうした発言は、YouTubeやTVの比較論を語る契機に。ネット上では

《結局そこが芸能人とユーチューバーの差だと思う。芸能人は何か問題行動があれば事務所がストップをかけたり、番組からのオファーが途絶えるなどして結果的にそれがお咎めに繋がっている》
《儲かれば何をやってもいいという事では無い。それが出来てしまうシステムにも問題があるとも思います》
《テレビならいつも何かあれば出演させないし、放送もしない。YouTubeは、個人責任とばかりに放置》
《スポンサーがいるテレビとは違うから謝罪したければすれば良いし、悪いと思わなければなければしなくてもいい》
《ある意味、視聴者・登録者がユーチューバーのスポンサーなんだよね》
《結局Youtubeに対する視聴者からのクレーム受付窓口みたいのがないと手の打ちようがないんじゃないかな》

といった意見が交わされた。

「『TVはオワコン、時代はYouTube』と持て囃されがちですが、少なくとも自浄作用については比較にならないほどTVの方が働いているでしょう。スポンサーや局との関係がある以上、タレントは不祥事があれば干されたりと、社会的制裁を受けますからね。『YouTubeはTVと違って自由』と言いますがこれも間違い。TVが放送コードやスポンサーの意向からは逸脱できないように、YouTubeも広告主やGoogleの顔色を伺い、規約の範囲内でしか活動できませんからね」(ITジャーナリスト)

新たなコンテンツと持て囃されてきたYouTubeも、過渡期の真っ最中と言えるだろう。

【あわせて読みたい】