『世にも奇妙な物語』ピース又吉の“棒演技”に酷評殺到「逆にすごいわ」

『世にも奇妙な物語』ピース又吉の“棒演技”に酷評殺到「逆にすごいわ」 

(C)まいじつ 

6月26日、大人気オムニバスドラマ『世にも奇妙な物語 ’21夏の特別編』が放送された。『ピース』又吉直樹の演技に酷評が殺到している。

又吉が出演したドラマは『成る』。有名棋士・岩屋賢太郎(又吉)は、〝不惑〟という妙な名前のAI棋士との対局に臨んでいる。岩屋が駒を返すと、〝朮〟という見たことのない文字が。さらにAI棋士が駒を返すと、今度は〝明美〟という文字が現れる。平静を装うも内心、動揺を隠しきれない岩屋。実は昨年、岩屋はその名前の女性と週刊誌に写真を撮られ、そのことが原因で妻とは離婚協議中だったのだ…。

又吉直樹はコント師だけど演技は下手

対局中に精神攻撃を繰り返してくるAI棋士に、恐怖を抱きながら岩屋が戦うというストーリー。岩屋のリアクションが肝となるのだが、ネット上ではこの演技に

《又吉、演技ひど過ぎる。声も抑揚がないし、演技はわざとらしいし、棒読みだし、これは黒歴史だなぁ》
《又吉が1番下手だわw 演技初めてだっけ?》
《雰囲気あるだけに、演技が残念だな又吉。執筆だけしとけ》
《又吉が棒すぎ。一体何を見せられてるんだろう》
《すごい。ここまで棒なの逆にすごいわ》
《本当に下手くそすぎる演技。なんで俳優使わなかったんだろ》

など、厳しい声が殺到している。

「又吉は『ピース』でコントを披露していた際も、決して演技がうまいとは言えませんでした。コント芸人では、『東京03』や『ハナコ』、『シソンヌ』などが演技が上手いだけに、芸人枠ならばそちらのほうがハマったでしょう。まあ今回は、すっかり作家のイメージがついた又吉に、将棋棋士のコスプレをさせたかっただけなのでしょうが…」(芸能記者)

安易なキャスティングでドラマを台無しにしてしまった今回。人気シリーズの黒歴史の一つとなったようだ。

【あわせて読みたい】