オードリー春日は実力不足? 相方・若林不在で真の実力が露呈…

オードリー春日は実力不足? 相方・若林不在で真の実力が露呈… 

(C)まいじつ 

現在『日向坂で会いましょう』(テレビ東京系)は、MCの『オードリー』若林正恭が欠席している収録分を放送中。6月27日の放送も若林が不在の中、春日俊彰がほとんど1人で番組を回していたのだが、視聴者からは「春日1人だけだと力不足」との声も聞こえてくる。

この日の番組では、「THEタイマン」という企画を放送。「学生時代にニーハイを着用していた」という基準で決められた〝1軍メンバー〟入りを目指し、『日向坂46』メンバーが熱い闘いを繰り広げた。春日はMCだけでなく、審判としてもアイドルたちの闘いを見守ることに。

ボケ担当のイメージがある春日だが、東洋一のツッコミとして実力を発揮していたように思える。しかしファンは納得がいかないようで、

《やっぱり春日1人だと不安》
《そろそろ春日だけだと見てる方が辛い》
《やっぱり若林がいないとなんか物足りないんだよなぁ》
《若林が不在で明らかに番組のクオリティーが下がってる》
《若林がいない『ひなあい』ってただのアイドル番組だから飽きる》

といった厳しい声が寄せられていた。

『ひなあい』での功績が大き過ぎる若林の毒舌ツッコミ

「『日向坂で会いましょう』における若林の功績はとても大きく、彼の毒のあるツッコミがアクセントとなって、一般的なアイドル番組とは一線を画すような内容になっています。時には『ぶっ飛ばすぞお前!』や『爆竹投げるぞ!』といったかなり強めのツッコミも飛び出しますが、こちらも若林お得意の〝クレイジーツッコミ〟として好評。一方で春日も東洋一のツッコミとして実力があるのですが、若林のツッコミを見てきたファンは『物足りない』と感じてしまうのかもしれません」(芸能記者)

ちなみに若林不在の放送は6月13日から始まっており、4週分収録されているとのこと。つまり少なくともあと1週は春日単独MC回が放送されるのだが、

《春日が1人で頑張ってる姿を見るのが楽しみになってきた》
《マジで大変そうだけど頑張ってほしい》
《1人MCの4本撮りをこなせたのは十分すごいと思う》
《普段と違って春日さんがMCだから、ちょっと緩い雰囲気になってるのが新鮮で良い》

と暖かい目で見守る視聴者も少なくない。

自らが面白い発言をして盛り上げるプレイヤーではなく、番組を回すMCとしての実力を試されている春日。恐らく次回でソロMC回はラストだと思われるが、次こそは若林不在でも番組を成立させられるところを見せてもらいたい。

【あわせて読みたい】