『イッテQ!』視聴率不振で大ピンチ! 不祥事の連続で打ち切りコースも?

『イッテQ!』視聴率不振で大ピンチ! 不祥事の連続で打ち切りコースも? 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

全日、ゴールデン、プライムと「視聴率三冠」の日本テレビが、6月の月間個人視聴率でも15カ月連続となる王座を獲得し、相変わらず好調を堅持している。しかし、これに反比例するように、とある看板番組が視聴率低下に苦戦中だ。

「『世界の果てまでイッテQ!』です。同番組は長年にわたる人気ファミリー番組であり、以前は視聴率15~20%を当たり前にとっていた同局看板のひとつ。しかし、ここ1~2年ほどは視聴率の低下が顕著であり、裏番組『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)の後塵を拝し続けています」(テレビ誌ライター)

最新の数字である6月27日の視聴率を見ても、世帯11.5%、個人8.0%(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)と、世帯で二桁を保っているものの、全盛期からの人気低下は否めない。対して、「ポツンと一軒家」は世帯15.5%と、その差は歴然だ。

コロナ、ヤラセ、降板、告発…次々襲う痛手

これはネット上でもたびたび話題になっており、

《海外行かなきゃなんの魅力もない》
《かつては当たり前のように18%くらい取ってたのに》
《本来打ち切りでもおかしくないことしてんだから、もう終わっていいだろ》
《本来ヤラセで終わるところを無理矢理延命したんだからこれでもいい》
《コロナでお祭り要素が日本ばかりになったのはかなり痛いよな》

など、〝不調〟の要因をめぐってさまざまな意見を目にすることができる。しかし、意見はさまざまあれど、「つまらなくなった」という認識は共通していることが見て取れる。

「最大の痛手はやはり新型コロナでしょうね。海外でのロケが売りだったのに出来ないなんて、番組コンセプトを根底から覆す事態ですから。宮川大輔のヤラセ祭や不祥事で降板した手越祐也など、自業自得とはいえ、番組内では人気だった企画がほぼ同時期に自滅したのも痛い。棚ぼたで看板となった出川哲朗と『出川ガール』の企画も、真偽が争われている〝枕営業〟事件でダーティーなイメージがついてしまっています。現状、『ロッチ』中岡創一の孤軍奮闘ですが、彼はまだまだメインを張るには弱いですし、早急に起爆剤が必要な状況です」(バラエティー評論家)

このままでは「逝って」しまう日も遠くなさそうだ。

【あわせて読みたい】