TBS・小林廣輝アナ“6股疑惑”で降板祭り!「アナウンサー界の渡部建」

TBS・小林廣輝アナ“6股疑惑”で降板祭り!「アナウンサー界の渡部建」 

(C)pathdoc / Shutterstock

テレビ朝日の斎藤ちはるアナウンサーとの〝お泊りデート〟が話題になり、一躍知名度を上げたTBSの小林廣輝アナウンサー。6月25日発売の『FRIDAY』にて、小林アナに〝6股疑惑〟が浮上し、自身の担当番組に影響が及んでいるようだ。

コトの発端は、6月18日に同誌が報じた小林アナと斎藤アナの熱愛ニュース。この報道では、キャビンアテンダントとの2股疑惑についても報じている。そして翌週の25日、同誌は小林アナを〝赤坂のドン・ファン〟と称して6股疑惑について特集。今回の件を受けて、25日放送の報道番組『Nスタ』(TBS系)は彼の出演取り止めを発表した。

また、小林アナが担当しているニュースバラエティー『アッコにおまかせ!』(同系)も、同様に出演を見合わせ。さらに、27日放送の番組内で小林アナのニュースを取り上げ、司会の和田アキ子は「本人の自覚が足らなかったと思いますね」「自覚を持って生きていただきたい」といった厳しいコメントをしている。

小林廣輝アナは“窓際社員”待ったなし!?

「小林アナは高校時代に『ジュノンスーパーボーイコンテスト』で、ベスト20入りを果たした甘いマスクの持ち主。しかも大学生の時に『ミスター慶應コンテスト』で準グランプリにも輝いており、さぞ世の女性たちからチヤホヤされていたことでしょう。もちろん学生時代から遊び人として有名だったようで、社会人になった現在でも変わることはなかった様子。たとえ元『乃木坂46』の斎藤アナというパーフェクトな恋人がいたとしても、人はチヤホヤされることに抗えないのかもしれませんね」(芸能ライター)

そんなプレイボーイに〝番組降板〟という天罰が下り、ネット上では、

《まぁアナウンサーってイメージ大切だし、こうなってしまうのも仕方ない》
《やり方が下手くそすぎるわ。独身なんだから真っ当に遊べば良かったのに》
《仕事しながら6股とか器用すぎる》
《歴代の彼女が週刊誌に垂れ込んでるんよな。どんだけ人望ないねんって話だろ》
《6股までいくとむしろ感心するわ。バイタリティー溢れすぎだろ》
《アナウンサー界の渡部建》

などと指摘する声があがっている。

たしかに小林アナは独身のため、恋愛するのは自由。しかし、6股はいささかやりすぎだったかもしれない。

【画像】

pathdoc / Shutterstock

【あわせて読みたい】