『ヒルナンデス!』が騒音番組に!? 絶叫だらけの展開に「汚らしい…」

『ヒルナンデス!』が騒音番組に!? 絶叫だらけの展開に「汚らしい…」 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

ピン芸人ユニット『おいでやすこが』で昨年の『M-1グランプリ』準優勝を果たし、大声ツッコミでブレーク中のおいでやす小田。今やバラエティーに引っ張りだこの彼だが、時間帯によっては「うるさい」と視聴者のストレスを招いてしまうようだ。

6月28日、小田は「おいでやすこが」として『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)に初出演。初めてということで若干緊張を見せながらも、お得意の大声ツッコミでスタジオを沸かせていく。冒頭では、MCの『ウッチャンナンチャン』南原清隆が大声ツッコミを真似る場面もあり、いきなり小田にハマっている様子だ。

番組前半、回転寿司チェーン『スシロー』の裏側に迫る企画が放送され、スタジオでは寿司の試食が行われることに。小田はここで、寿司を口にしたあと「うまーい!」と大絶叫。自慢の大声を食レポに応用し、スタジオは爆笑に包まれた。

これは出演者にも伝染し、レギュラー陣が感想を大声で発していくという謎のくだりが発生。また、こがけんの架空ソングに小田がツッコむ恒例ネタも行われるなど、ひたすらに声が張り上げられる回になったのだった。

「いつものヒルナンデスじゃない」

しかし、ゆっくりとしたいお昼の番組とあってか、視聴者は必ずしもこのテンションを快く思わなかった模様。ネット上には、

《ヒルナンデスの回転寿司特集で出て来たお寿司を食べて大声を出すおいでやす小田》
《ヒルナンデスにおいでやす小田出てっけどクソうるせー。芸風だかなんだか知らねーけどマジでうるせー》
《小田さんはのんびり見たい番組にはちょっとキツイな… うるさいし変な空気にするし、見ててストレスが溜まってしまう》
《待って、いつものヒルナンデスじゃないよ!?》
《試食直後に大声出すのホント汚らしい…》
《おいでやす小田うるさい 普通にコメントできんのか?》
《小田さん、声ちいさくツッコんでも面白いと思うんよ…。私はヒルナンデス見てのんびりしたいんだよ》

など、小田を不愉快がる反応が殺到。時間帯と芸風のミスマッチを露呈させた。

「うるさい」どころか「置物」と言われながらも支持を集めるMC・南原の芸風を見習った方がいいかもしれない。

【あわせて読みたい】