菅義偉内閣官房長官が「自分で書いた本の内容」忘れる失態を犯す

graphicalicious / PIXTA(ピクスタ)

安倍晋三内閣の“屋台骨”ともいわれている菅義偉官房長官。安倍首相の支持者からは“安定のガースー”と評されているが、加計学園問題の対応では「“ガースー”と呼ばれていることは知っているが、現在は不安定だと指摘されている」と自虐するくらいに追い込まれている。

東京新聞の女性記者に「噂や推測に基づいて申し上げるのは失礼だ」と激高調で苦言を言う様は、確かに安定している姿には見えない。内閣改造前には、「政府の説明が二転三転するなど、国民の政府への不信を招いたことも事実だ。これからも何かご指摘をいただければ、その都度、真摯に説明責任を果たしていくことが重要だと思う」と述べ、森友学園問題や加計学園問題で対応がころころと変わったことが頭にあったようだ。だが、菅官房長官はまたも不安定な発言をしてしまった。

8月8日の会見で、朝日新聞の記者に「政府があらゆる記録を克明に残すのは当然で、議事録は最も基本的な資料です。その作成を怠ったことは国民への背信行為」と「これを本に記していた政治家は誰か分かりますか」と尋ねられた菅官房長官は「知らない」と答えた。

すると記者は、菅官房長官が野党時代の2012年に出版した『政治家の覚悟』(文芸春秋)という本からの言葉であることを明かし、さらに「政府の現状と照らし合わせて、じくじたる思いやきちんと記録に残すべきだという気持ちにはならないか」と尋ねた。菅官房長官は「いや、わたしは残していると思う」と加計学園問題で国家戦略特区ワーキンググループの議事録の公開に応じる姿勢を示さない態度に対して、反論をした格好になった。

 

自著で官僚との関係性についても述べているが…

だが、実は菅官房長官は同じ著書で次のようにも記している。

《官僚は本能的に政治家を注意深く観察をし、信頼できるかどうか観ています。政治家から指示されたことについて責任回避するようでは、官僚はやる気をなくし、機能しなくなります。責任は政治家が全て負うという姿勢を強く示すことが重要なのです。それによって官僚から信頼を得て、仕事を前に進めることができるのです》

加計学園問題では文部科学省事務次官だった前川喜平氏を「出会い系バーに通っていた人物」と貶めた。加計学園問題における前川氏の反乱は官僚との信頼関係が崩れた一例といえるだろう。

忘れてしまったようなので、もう一度自著を読み直し、官僚との信頼関係を築き、国民の不信を払拭するよう望みたい。

 

【あわせて読みたい】

※ みやぞんの「マイペースすぎる料理」ツッコミ殺到も面白さが好評

※ 壇蜜がすっぴんで水槽いじり!「逆にセクシー」と興奮する視聴者

※ 佐藤健と熱愛報道のあった吉岡里帆の今後

※ 志村けんの相変わらずセクハラ全開「昭和的コント」に視聴者が…

※ 露骨日テレ「香取、草彅いなかったことに…」過去映像から排除!