『千鳥』と『かまいたち』にはウンザリ!? 露出急増で嫌われコンビに…

『千鳥』と『かまいたち』にはウンザリ!? 露出急増で嫌われコンビに… 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

6月29日に『日刊スポーツ』が、人気番組『有吉反省会』(日本テレビ系)が9月いっぱいで終了すると報道。ネット上では悲しみの声が広がっているが、後番組を巡って、さまざまな意見が寄せられている。

「有吉反省会」は、2013年から放送されている有吉弘行が司会のトークバラエティー。安定した視聴率を誇っていたが、大物芸能人の起用や再現VTRの収録により、番組全体のコストが高額に。そのため秋の改編をもって、打ち切られるそうだ。

後番組は『かまいたち』と『千鳥』を起用した『千鳥VSかまいたち』が予定されているという。

千鳥&かまいたちにうんざり? 寄せられる厳しい声

この情報にネット上では、

《千鳥もかまいたちも好きだが、彼らのMCで回している番組は微妙に面白くない。イジられてる時の彼らの方が良い》
《またまた吉本芸人の番組が増えるんかい。かまいたちも千鳥も露出過多で見飽きた感が出てきてやしないか?》
《千鳥出し過ぎでしょ。千鳥とかまいたち出しとけばイイみたいな感じで、作成側が手を抜き過ぎだわ》
《後番組で、吉本の芸人がズラリなんてやめてくれよ。ますますTV離れが起きる。TVは視聴者の方を向いていない》
《テレビの傾向として千鳥に頼りがちだが、これは過大評価であり、もう少しキャスティングは考えた方がいいと思う》
《千鳥の番組ももういらないでしょ。彼らはヒットメーカーではなく単に居心地の良いパーソナリティーでしかないわけで。そういう作り方してるとますますテレビが飽きられますよ》

などと批判的な意見が多く見受けられた。

「『千鳥VSかまいたち』は、2021年1月24日から3月28日までの間、日本テレビ系で放送されていたバラエティー番組。日曜日の昼という時間帯でありながら、若者の支持を得ていました。今年頭ごろまでは支持を獲得していた『千鳥』と『かまいたち』ですが、半年の間にここまで嫌われてしまうとは本人たちも思ってなかったでしょうね」(芸能ライター)

テレビ業界も不景気なのか、昨今は長寿番組が次々と打ち切りに。「有吉反省会」の後番組は、生き残ることができるのだろうか…。

【あわせて読みたい】