『ひるおび!』金正恩総書記を痛烈批判!? 八代英輝のコメントに「攻めすぎ」

(C)Paranamir / Shutterstock

6月30日放送の『ひるおび!』(TBS系)で、北朝鮮の金正恩総書記について特集。そこで番組MCの弁護士・八代英輝氏が〝辛辣な一言〟を繰り出し、視聴者の爆笑を誘っていた。

この日、番組では北朝鮮国営放送の報じた金総書記が〝やつれた〟というニュースを紹介。金総書記の今年1月と今月5日に撮影された写真が登場し、実際にやつれた姿を比較していく。さらに平壌市民の「総書記同志のやつれた姿を見た時、人民は最も胸が痛みました。みんなが話しています。『涙が自然に流れる』と」などの悲しみのコメントや、この報道を放送した真意などに迫っていった。

また番組に出演した日本大学准教授・金恵京氏によると、今回の報道は金総書記に囁かれていた〝健康不安説〟を払拭することが狙いなのだとか。すると八代氏は「結局『なんだ元気なのかよ』ってガッカリなんですけども」と切り出し、「写真だけ見ると、健康に痩せたように確かに見えますね」と冷たく言い放つ。続けて「〝やつれた〟というよりか、『ようやくやりました? ダイエット』っていうぐらいの」とぶった切り、終いには「健康不安持ち続けてほしかったですけども」などと持論を展開していた。