『水ダウ』“安田大サーカス”のドッキリが物議「逆に怖い」「狂気を感じる」

『水ダウ』“安田大サーカス”のドッキリが物議「逆に怖い」「狂気を感じる」

(C)まいじつ

『安田大サーカス』の団長安田が、6月30日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)に出演。ドッキリ企画のターゲットとなり怒るマネジャーをなだめたが、その際の振る舞いに視聴者が「優しい」「逆に怖い」などとザワついている。

お笑いコンビ『鬼越トマホーク』のネタを活用したドッキリ企画を決行。マネジャー2人のケンカに遭遇し、止めた安田にマネジャーが悪口を放つ。安田がどのような反応を示すか、「鬼越」の2人がモニターで見守った。

マネジャー2人がケンカする部屋に入った安田は「はいはいはい」と2人を引きはがし、ニセの新人マネジャーをきつく抱き締め、ときおり持ち上げながら「クリンチ」の状態で30秒キープ。しきりに背中をポンポンとたたいた。力に負け、新人マネジャーは安田から離れられずにいた。

団長安田が笑いながら“ケンカ”を仲裁

ようやく安田から距離をとった新人マネジャーが「うるせーな! リーダーぶってるけど、『安田大サーカス』の中で一番能力低いのお前だからな!」と一喝すると、安田は「え?」と一瞬困惑しながらも「分かった、分かった」と連呼しながら新人マネジャーをハグ。この様子を見て、スタジオの『麒麟』川島明は「これが一番怖いけどな」と団長の力強さに戦慄した。

本物のマネジャーが新人をフォローすると見せかけてボソリと悪口を追加しつつ謝ったが、団長は「『すいません』やあらへんがな、フフフフフ」と笑みを浮かべる。

「鬼越」の坂井良多は「優しいけど怖かったな」とポツリ。金ちゃんは「ムツゴロウさんと同じパターン…」と驚いていた。

番組サイドは「表面上はソフトだが、その奥に狂気を感じる『ムツゴロウスタイル』」と安田を形容。これに同調する声は多かった。

《ムツゴロウスタイルの団長に狂気を感じる水ダウww》
《団長逆に怖いんだよ…》
《でもハグと言うよりあのクリンチは相当の柔道の使い手だよね一寸怖い》
《団長が優しすぎて怖い》

一方、団長を「優しい」と評価する声も一定以上あった。

《水ダウの団長めっちゃ優しい、大人な対応だなあ。惚れそう》
《でもまあ団長優しいわ~。怖いかもしれないけれど、優しいよ》
《体張ってクリンチして、暴言吐かれても落ち着いた口調で聞き入れて、最後は自虐的に笑いながら収めようとしてるの泣きそうになった》

「怒ると怖い」と視聴者に恐れられている安田。この日は本当の怖さを垣間見ることはできなかったようだ。

【あわせて読みたい】