二階堂ふみ、元AKB増田有華…“体当たり”演技で衝撃を与えた美人たち

二階堂ふみ、元AKB増田有華…“体当たり”演技で衝撃を与えた美人たち 

(C)まいじつ

2021年6月24日よりシーズン2の配信が開始されたドラマ『全裸監督』(Netflix)。出演芸能人のヌード披露が話題になっている。

同作では、地上波ドラマで絶賛活躍中であった22歳の女優・恒松祐里がヌードを披露。その他にも、元『AKB48』の増田有華もヌードに。アイドル時代から豊満なボディに定評のあった増田の解禁には、

《中学生の頃の自分に「10年後には増田有華がヌードになってるぞ」と伝えてたら驚くだろうな》
《元AKBファンはたまらんね》
《元推しの増田有華の濡れ場は感動した》
《AKBヲタク時代に推してた 増田有華さんが全裸監督2出るのは知ってたけど、増田有華さんまじか…ってなってる》

など驚きの声があがっている。

ファンが衝撃を受けたヌード作品は他にもある。

二階堂ふみは人気絶頂時に…

俳優の市川由衣は、2014年公開の主演映画『海を感じる時』でヌードを披露。グラビアアイドルから俳優に転身していた市川は、アイドル視されることが多かっただけに、大胆な挑戦でファンを驚かせた。

7月よりラブコメドラマ『プロミス・シンデレラ』(TBS系)で主演を務める二階堂ふみも、かつてヌードを披露。2018年公開の映画『リバーズ・エッジ』で解禁している。

「女優がヌードを披露する時は、駆け出し時期か、人気が落ちてきた時期のどちらかが多い。しかし二階堂の場合は、『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)のコーナー『ゴチになります』でレギュラーを務めた直後という人気絶頂のタイミング。2010年代以降のヌード披露の中では、一番衝撃度が強かったのではないでしょうか」(芸能記者)

とはいえ最近では、23歳の小西桜子、27歳の伊藤沙莉など、人気上昇中の若手女優たちがすでにヌードを披露したことがある。『全裸監督』のヒットも追い風となり、ヌード披露に対する抵抗がどんどん薄れていくかもしれない。

【あわせて読みたい】