「事務所の圧力」否定する井上公造に松本人志が皮肉

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

8月20日に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、コメンテーターの松本人志とゲストの古市憲寿、芸能リポーターの井上公造のやり取りが話題になった。

番組冒頭に松本は、自身が8月15日にツイッターへ《しゃべっても。謎の事情でカットされ。。。》と謎めいた投稿をした件について、経緯と真意を熱く語った。

8月13日放送分の同番組の収録で松本は、上原多香子の不倫疑惑に対してコメントしたにもかかわらず、放送からカットされたことに不快感を覚えたという。

松本は「ワイドナショーのファンは、『そういうことから逃げないワイドナショーや』と思って見ているし…そこは貫かないと恥ずかしい」と、放送しなかったフジテレビを暗に批判した。

犬塚浩弁護士は、隣に立っていた芸能リポーターの井上に「知っていることを伝えないというときは、どういうとき?」と質問。すると井上は「いろんな事情があると思うので、特に、その人の子供に影響がでる場合がある。情報を公開するタイミングは考える。特に子供さんのことは考える」と答えた。

 

井上に古市氏が反論、松本は皮肉

このとき、社会学者の古市が「それはきれいごとじゃないですか」と突然、井上に反論。「子供がいる人も不倫で告発されている人もいる。それは芸能リポーター側の傲慢じゃないですか? 自分たちが配慮してやっているみたいな」と指摘した。それに対して、井上は「人によって、番組によって違ってくる」と少し慌てた様子で答えた。

さらに続けて、松本や東野からは「事務所の大小で“忖度”していませんか? 大きな事務所から、『この情報を扱うな』とかない?」と質問が出ると、井上は「(わたし自身に)事務所から圧力をかけられた記憶はない」と話した。しかし、松本は「鈍感なのでは」と皮肉を返していた。

番組を見ていた視聴者は、インターネット上へ《芸能リポーターがしれっと制作側のせいにしてる》、《ゲストの鋭い質問にうまく逃げてる芸能リポーター》、《テレビ局の裏事情を感じる》、《井上公造が囲み取材されている》、《松本人志の発言は明らかに偏向報道への警鐘》などと投稿し、このやりとりは大きな反響を呼んだ。

報じるか、報じないかで大きな話題を呼んだこの日のワイドナショー。一番とばっちりを受けたのは報道の裏事情を最も知る井上だった。

 

【あわせて読みたい】

※ 暴力多発!? AKB48・渡辺麻友「卒業公演」地元警察が警戒

※ みやぞんの「マイペースすぎる料理」ツッコミ殺到も面白さが好評

※ 壇蜜がすっぴんで水槽いじり!「逆にセクシー」と興奮する視聴者

※ 佐藤健と熱愛報道のあった吉岡里帆の今後

※ 志村けんの相変わらずセクハラ全開「昭和的コント」に視聴者が…