『かまいたち』山内が演歌歌手とケンカ?「不快すぎ」「フリで煽ってるだけ」

『かまいたち』山内が演歌歌手とケンカ?「不快すぎ」「フリで煽ってるだけ」 

(C)Krakenimages.com / Shutterstock

7月5日放送の『千鳥の鬼レンチャン』(テレビ東京系)で、『かまいたち』の山内健司が演歌歌手とバチバチのやりとりを見せた。「息の合ったかけ合い」と評する声が多かったが、山内を責める声もあり、視聴者からは賛否両論が飛び交っている。

企画「サビだけカラオケ」を展開。曲のサビを歌い、一つでも音程を外せば強制終了となる中で、演歌歌手の丘みどりは10曲歌い続け、100万円を獲得した。

しかし丘は1曲目の前から緊張のあまり涙をこぼし、3曲目の前には前回同様に緊張がほぐれないと漏らす。以前の放送で「どなたかが『ホンマに緊張してる? してないのに言うてるだけちゃう?』みたいなこと言われて、メチャ腹立ちましたもん」と口にした。

山内と演歌歌手・丘みどりがVTR越しに“バチバチ”

スタジオからは「山内や!」との声が。番組は前回のVTRを検証。山内は緊張しっぱなしの丘に「ホンマは余裕やのに毎回こんなリアクションとってるし! かわいさ出すために」と陰口をたたいていた。丘はVTR越しに、今回10曲クリアしたあかつきには山内に謝罪してほしいと要求。山内は「達成したらね? ホンマは余裕でしょ?」と挑発的な姿勢を見せた。

その後も山内は再び緊張で涙を流した丘を「泣いてるフリ」などと繰り返し挑発。結局、丘が完全制覇を果たすと山内は「マジかよ」と首を振った。

『千鳥』のノブは「じゃあ、切腹の方を」と山内に謝罪を促す。「天の声」がVTRで流れた3倍分ほど丘が怒っていたと明かすと山内は大笑い。「今回は達成したフリをされてるので…」と渋々カメラの前に立った山内は、後ろを向いてから振り返り「菜々緒でごめんなさい」と菜々緒おなじみのセクシーポーズで謝罪した。

だが周囲は「ダメダメダメ」とダメ出し。相方の濱家隆一が山内を座らせ、さすまたを用いて頭を地面に付けさせた。放送を終え、視聴者の意見は真っ二つ。山内の態度が悪過ぎると批判する声もあれば、番組を盛り上げるために丘をあおっただけとする意見もあった。

《山内さんに最後はちゃんと『すみませんでした』か『ごめんなさい』を言わせて。不快すぎて笑えない》
《マジでかまいたちの山内嫌いだわ… 丘みどりさんに超絶失礼だし、こう言ってはあれだけど態度が気持ち悪すぎる》
《山内はもっとちゃんと土下座しろや 続きはwebで土下座しろ》
《個人的には撮影以外の場所で山内がきちんと丘さんに詫びて欲しいなと思う映像内容でした》
《山内が丘みどりさんに噛み付いてるのめっちゃ面白いw》
《ガチで捉えてる人おって怖なったわ あんなん最後に謝るのを見越してフリで煽ってるだけやん》
《お笑いとして理解しないで叩いてる人嫌いやわ》
《あれに不快感感じてる人はテレビみんと一般人のYouTubeでも見とけ》

山内が番組を盛り上げてくれたことは確かなようだ。

【画像】

Krakenimages.com / Shutterstock

【あわせて読みたい】