黒木瞳“娘の同級生”イジメ疑惑が再燃! 家庭教師との再会で…

黒木瞳“娘の同級生”イジメ疑惑が再燃! 家庭教師との再会で… 

(C)まいじつ 

俳優・黒木瞳がパーソナリティーを務めるラジオ『あさナビ』(ニッポン放送)に、信州大学特任教授・NY州弁護士の山口真由氏が出演。東大在学中に黒木の娘の〝家庭教師〟だった意外な過去が発覚し、ネット上をザワつかせている。

番組ゲストとして登場した山口氏に、黒木は「ご無沙汰しております。なんと、うちの娘の最初の家庭教師でいらして。あの時、おそらく東大の3年生で司法試験に合格なされて、4年生になられたころでしたよね」と、意外な過去を明かした。それに対して山口氏も「そうでした。はじめて扉を開けて、あのときの衝撃はいまでも覚えています」とうなずいた。

意外な2人の接点に、リスナーからは

《ホントお美しくて素敵な2人ですね! 共演されていてうれしいです》
《貴重なお話ありがとうございます。突然のお話でびっくりしました》
《意外なところで接点があったんですね。初めて対面したときはさぞかし衝撃的だったんでしょうね》

などと、驚きの声があがった。

黒木瞳・娘の“黒歴史”を思い出すネット民

しかし一方で、突如持ち上がった黒木の娘の話に、ネット上では

《山口さん、あのヤバい娘の家庭教師してたとはね。普通だったら自慢話としてあちこちで話してそうなものだけど、黒歴史だからあえて黙ってたんだろうな》
《家庭教師もなにも多額の寄付金で有名私大に入学したんじゃなかったっけ?》
《山口さんがコレまで家庭教師をしていたことを明かしてないのは聡明でしたね。メディアに出て仕事をしていくというのは大変だと思います》
《本来ならもっと騒がれてもおかしくない話だったのに、学校に多額の寄付金払ってもみ消したって、当時の週刊誌に載ってたね。真実はわからないが、いじめられた子は一生引きずっていくだろうな》
《黒木瞳よくも当時の事情を知っている(であろう)山口さんをゲストに呼んだな。さすが神経図太い俳優だな》

などと、家庭教師経験を〝黒歴史〟扱いする声が広がっている。

「黒歴史というのは、黒木の娘の〝いじめ疑惑〟です。娘は青山学院中等部時代、仲間の男子生徒に金を払って同級生を暴行させて停学処分になったことを週刊誌で報じられています。記事では、〝大物女優の娘〟となっていましたが、年齢や学校名など、明らかに黒木の娘としか思えない内容でした。〝女子トイレに閉じ込め、服を剥いで写真撮影〟などといった、過激ないじめ内容に衝撃を受けた人も多かったと思います。山口も当然、そのことは知っているでしょうから、ラジオ出演中は複雑な気持ちだったと思います」(週刊誌記者)

いくら過去の話だとは言え、すっかり何事もなかったかのように臆面もなく山口と対面した黒木。このくらい神経が図太くなくては、一流の俳優にはなれないのかもしれない。

【あわせて読みたい】