49歳出産の小松みゆき“不妊治療”に怒り! 医師批判するも共感得られず…

49歳出産の小松みゆき“不妊治療”に怒り! 医師批判するも共感得られず… 

(C)Billion Photos / Shutterstock

俳優の小松みゆきが7月2日、ネットメディアのインタビューに答え、1000万円以上を投じた〝不妊治療〟について怒りを爆発させ、ネット上で物議を醸している。

小松は1990年代にグラビアで人気を博し、その後は俳優として活躍。42歳から不妊治療をスタートし、今年2月に49歳8カ月で念願の長女を出産した。

小松は不妊治療を始めたものの、着床しても流れてしまうなど苦労の連続に、〝染色体〟に問題があるのではないかと思ったという。しかし、医者から染色体検査の提案などは一切なく、うまくいかない原因も調べずに病院の〝いい値〟で「次はいつにしますか」と言われたことに、「患者のことを考えた医療と言えるのでしょうか」と怒りを爆発させている。

「健康だから妊活すれば妊娠するだろう」と考えていたという小松に、ネット上では

《残念なことだとは思うけど、怒るのは違うと思う》
《怒るべきは病院にじゃなくて、早く妊活しなかった自分に対してじゃないの?》
《42歳は遅い。出産は命懸けだから、少しでも年齢が若いほうが赤ちゃんと本人のためでもある。いくら医療が発達しようとも生命の根本は変わらないと思う》
《不妊治療に限らず、良い病院・医師に出会いたかったら、自分で調べ尽くして探し出す努力は必要だよ。誰かのせいにしたってどうしようもない》
《結果的に子どもが生まれて良かったですね。しかし、主張には違和感を覚えます。なんで不妊治療で医師に怒りを感じるのか。なら、早く結婚して妊活すべきだったし、医者に頼らず妊活すりゃ良かったでしょ》
《不妊の問題って、若者の貧困もつながってると思う。若く産んだ方が身体的にいいのはわかるけど、経済的に子どもを望む余裕が出てくるのって30代近くなってるんじゃないかな》

などとさまざまな意見が飛び交っている。

小松みゆきの“医療批判”は自己中すぎる?

「小松が不妊治療を始めたのは42歳。本人は遅いスタートになったことを仕事のせいにしていますが、あまりに計画性がないことも批判の対象になっているようですね。そもそも自分のことを棚に上げて、医師を批判し、『不妊治療は医学ではなく宗教ですか』などと吐き捨てているのですから、現在、不妊治療中の女性たちからも共感が得られないのは当然でしょう。苦労したのは分かりますが、49歳で無事出産することができたのですから、あまり批判的なことは口にしない方がよかったんじゃないでしょうか」(医療ジャーナリスト)

小松は7月4日に更新した自身のインスタグラムで《不妊治療をした人にしかわからない感情かもしれません》とコメント。続けて、《治療中に感じていた思いの一部(主に焦りや絶望)をオブラートに包まずお伝えしています なぜなら、若い方でも私と同じように遠回りしてしまう人もいるからです どうか私の例が悪い例として、不妊治療をされている方が無駄な時間を過ごされませんように…》とつづっている。

不妊治療は人それぞれ、さまざまなパターンがあり、また、高額な費用を前に泣く泣く諦めざるを得ない人も多い。無事、出産した小松がいまさら医者に苦言を呈することに、不快感を抱く人がいるのは仕方のないことなのかもしれない。

【画像】

Billion Photos / Shutterstock

【あわせて読みたい】