TBS日曜劇場がフジ月9を公開処刑!?『TOKYO MER』に称賛の声

TBS日曜劇場がフジ月9を公開処刑!?『TOKYO MER』に称賛の声 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

7月4日より、俳優・鈴木亮平の主演ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(TBS系)の放送がスタートした。そのスケールの大きさによって、類似ドラマが〝公開処刑〟されてしまっているという。

事故・災害・事件の現場へ駆けつけ、患者を救命するために発足した救命救急チーム〝TOKYO MER〟のメンバーは7人。チーフドクターの喜多見幸太(鈴木)、研修医・弦巻比奈(中条あやみ)、看護師・蔵前夏梅(菜々緒)とベトナム人看護師・ホアン・ラン・ミン(フォンチー)、麻酔科医・冬木治朗(小手伸也)、臨床工学技士・徳丸元一(佐野勇斗)、そして厚生労働省の官僚であり医師の音羽尚(賀来賢人)。命を救うために危険な現場に勇猛果敢に飛び込んでいく…。

第1話では、チーム発足と出動の様子、そしてTOKYO MERを巡る政治家同士の暗躍が描かれた。官僚でもある音羽は、TOKYO MERを解体するように厚生労働大臣から送り込まれた刺客。チームに参加することを不本意だと思っている比奈とコンタクトをとり、喜多見への不満を審査会で吐くように求めていった。

展開は似たような感じだが…

「現在、フジテレビの月9では、波瑠主演の『ナイト・ドクター』が放送されていますが、こちらもさまざまな部署から人材を引っ張って来て、新しい医療チームを作るという物語。そしてチームの中には、『TOKYO MER』と同様に、チーム参加を不本意に思う新人もいます。緊急性の高いオペをするという点も同じで、同時期に放送するドラマとしてはかなり似通っていますね」(芸能記者)

だが、天下の日曜劇場と、没落から復権中の月9では、差がすさまじいとの反応も。ネット上では

《TOKYO MERは見てて面白い。ナイトドクターは見てられないイライラしちゃう》
《TOKYO MER観たら、ナイトドクターの続きとかどうでもよくなっちゃったなー》
《どうやら『TOKYO MER』の圧勝っぽい。 今後『ナイト・ドクター』に逆転の可能性はなさそう》
《わたし、ナイト・ドクターよりもTOKYO MER派になりそう こっちのがチーム感あるし》
《ナイトドクターも良かったけど、TOKYO MERのスピード感素晴らしいな》
《TOKYO MER良過ぎてナイトドクターの陳腐さが際立つな》

といった辛辣な声があがっている。

よりによって、毎週『TOKYO MER』の翌日に放送となってしまう『ナイト・ドクター』。厳しい戦いが予想されそうだ。

【あわせて読みたい】