フジ・久代アナが“異動”に本音…明石家さんまの暴露に「裏がありそう」

フジ・久代アナが“異動”に本音…明石家さんまの暴露に「裏がありそう」 

画/彩賀ゆう(C)まいじつ 

フジテレビ・久代萌美アナウンサーの異動に関し、『さんまのお笑い向上委員会』で共演歴のある明石家さんまが、その本音を語った。

久代アナは「向上委員会」や『ワイドナショー』『ノンストップ!』など多くの番組で活躍していたが、7月の人事異動でアナウンス室からネットワーク局へ。花形から系列局との調整を行う社員そのものな部署への異動に、局内外で衝撃が走っていた。

さんまは7月3日放送の『ヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)でこれに触れ、「俺も久代の大ファンなんです、実は。久代の私生活がテレビ・ラジオで言えないけど面白すぎるんですよ。もうひょっとしたら、俺は今イチ押しの女の人」と彼女の実力を評価した上で、「LINE来て『ネット(ワーク)局に異動になったんですけど、どういうことなんでしょう』みたいな感じで。『どういうことなんでしょうって、オレ知らんがな』って話をして」などと発言。今回の異動に関し、久代アナ自身も疑問を抱いていることを滲ませる。

フジテレビの判断に批判が集まる

さらに、「アナウンサーとしては、俺ももったいないような気がするけど…」など、信頼を置いていた久代アナの異動を残念そうに語ったさんま。そしてこれらの発言から、ネット上には

《さんまさんの話から久代さんの異動が本人にとっても予想外で会社からも異動理由をろくに説明されていないことがわかる。この異動には何か裏がありそうだ》
《地上波のアナウンス部からネット移動なんて聞いたこと無い! 完全に左遷だよね。フジも1つの企業だから上層部の誰かの逆鱗に触れたのかな?》
《最近のフジテレビは明らかにおかしい》
《フジがアナウンサーとして、見限ったってことやろうな》
《これって、報復人事では? お局さんに目をつけられたとか?》
《ステマのアナウンサーは守り、規則を守ってたアナウンサーは飛ばす。フジテレビはどうなってるんだか》

など、異動の裏をめぐってフジ側を批判する意見が相次いでいる。

「今年4月の『週刊文春』では、フジの女子アナ8名が美容院で無料サービスを受け、その見返りにSNSで店舗を宣伝する『ステルスマーケティング』を行っていたことが発覚しました。しかし、関わっていたのが三田友梨佳アナ、宮澤智アナ、久慈暁子アナといった局の看板級ばかりだったためか、フジは後に『ステマには該当しない』としつつ『社員就業規則に抵触する行為が認められた』と玉虫色な内部調査を発表。当該アナもインスタグラムで謝罪しただけですから、特に反社会的行動があったわけではない久代アナが異例の異動となるのは、理解に苦しむものでしょう」(テレビ局監視家)

信頼回復が必要な段階で、理解に苦しむ人事を行うとは。フジの復活はまだまだ遠そうだ。

【あわせて読みたい】