「醜い顔ばかり」日本人差別でサッカー仏代表が大炎上! 海外の反応は…

「醜い顔ばかり」日本人差別でサッカー仏代表が大炎上! 海外の反応は… 

(C)ViDI Studio / Shutterstock

サッカーフランス代表のウスマン・デンベレとアントワーヌ・グリーズマンが、日本人スタッフに侮辱的な差別発言を繰り返したことが世界中で波紋を広げている。

2019年、『バルセロナ』のプレシーズンツアーで来日した際、デンベレとグリーズマンは滞在中のホテルで日本人スタッフを呼び出し、ゲームのセッティングをさせた。ここでデンベレは、日本人スタッフの顔を撮影しながら「醜い顔ばかりだ」「どんな後進国の言葉なんだ」と侮辱発言を連発。これを聞いていたグリーズマンもニヤニヤと笑い、2人で差別を楽しんでいた。

この動画が今になって流出して大問題に。するとデンベレはインスタグラムのストーリー機能で、「舞台はたまたま日本だった。だが、地球上のどこで起きても同じ表現を使っていただろう。特定のコミュニティを標的にしたわけではない、私はプライベートで、友人と、相手がどこの国の人であろうと、このような表現を使うことがある」と釈明。

グリーズマンもツイッターで「私はどんな差別にも反対してきた。ここ数日、とある人々が私を自分ではないような姿に見せようとしている。私に対する非難には断固反論し、日本の友人たちを怒らせてしまっていたら申し訳ないと思っている」と弁解している。

レイシストに海外からも批判コメントが殺到!

しかし両方とも、言い訳をするのみで、火に油を注いでいるのは明らか。デンベレのインスタグラムには

《もう日本に来ないでください》
《二度と日本に来るな 差別主義者》
《取り敢えずとっととバルサから出て行けレイシスト そして二度と日本には来るな》
《私はフランス人ですがこんなことありえない! ただのゴミです! 日本にデキンしたほがいい!》

といった怒りの声が日本語で殺到している。また、海外ユーザーのSNSを見ても

《本当に意地の悪い非常識なやつらだ》
《黒人は差別にうるさいくせに自分はやるんだな》
《2人とも人種差別撤廃を訴えていたのにこれかよ》
《黒人に共感できない理由がこれだ》

など、呆れ声が広がっている。

『バルセロナ』といえば、『楽天』がスポンサーを務めていることが有名で、三木谷浩史社長は以前から人種差別撤廃を徹底的に訴えている。すでに三木谷社長のツイッターにも対応を求めるコメントが殺到しているが、果たしてこの差別主義者2人には、どんな処罰が下されるのだろうか。

【画像】

ViDI Studio / Shutterstock

【あわせて読みたい】