中絶トラブル! 山本裕典“SNS再開”も呆れたコメント「図太いな」

中絶トラブル! 山本裕典“SNS再開”も呆れたコメント「図太いな」 

(C)まいじつ 

2000年代末~10年代前半にかけてブレークした俳優・山本裕典が、巷で噂されている引退説を完全に否定した。

山本は6月30日、3月3日以来およそ4カ月ぶりにインスタグラムを更新。《皆さん、お久しぶりです》と久々の更新を告げると、《しばらく投稿出来なかった間も心配の声や応援など温かいメッセージをファンの方からたくさんいただきました。不安な気持ちで長い間待たせてしまい申し訳なかったです。本当にありがとうございます》と心境をつづった。

「山本は4月に『FLASH』(光文社)で《山本裕典 妊娠女性に『中絶懇願』逆ギレLINE》なる告発記事が掲載されました。記事によると、山本は妊娠した女性に対し、『お前が産みたいなら(俳優を)やめる』『そのかわり、一生うらむから』などと脅すように中絶を迫っていたとのこと。それでも出産をしたいという相手に対し、『今後、お互いの恋愛には干渉しない』『養育費を支払う』『子どもには会わせてもらう』という条件を提示したとも報じられています。山本のインスタやYouTubeチャンネルはこの報道の直前から更新が止まり、コメント欄も閉鎖、ほどなくしてファンクラブの終了も告知されたため、ファンの間では『引退か?』と囁かれていました」(芸能ジャーナリスト)

肝心の女性問題には触れず

しかし今回更新されたインスタでは、ファンクラブを閉鎖したことについて《SNSをストップしたタイミングでファンクラブ閉鎖の報告があったとおもいますが、お願いしていた運営側のファンクラブ事業廃止の決定に伴った事です》と説明。今後は新たなファンサイトを設立する予定があることを明かしたが、《それもなによりこのコロナが落ち着いてからになってしまいますが、、、》ともしている。一方、更新停止の理由と見られていた女性問題には言及しなかった。

「ファンサイト継続で俳優業継続の意志を示した山本ですが、正直続けても厳しいでしょう。前事務所の契約解除に始まり、ずさんな感染対策による出演舞台でのクラスター発生、中絶強要とイメージは最悪ですし、30代も後半に近づき、これ以上上がり目があるとは思えません。文字通り〝裸一貫〟という意味を込め、全裸シーンの体当たり演技で話題を集めるくらいしか逆転のチャンスはないでしょう」(週刊誌記者)

今回の更新再開にも、

《これからも変わらず大好きだし応援してます》
《ずっと待ってました!》
《前向きな言葉を聞けてうれしいです!》

などと待ち望んだファンの声がある一方、

《何度炎上しても表舞台に戻ってくる図太さ》
《山本裕典といい山田親太朗といい六本木で遊びまくってた人達の行く末って感じ》
《またやらかすことしか期待されてません》
《トラブルが多い人ってイメージがついたなあ》

と厳しい反応も多い。

心機一転の再出発で、かつての栄光を取り戻すことはできるだろうか。

【あわせて読みたい】