中条あやみの“庶民派アピール”に賛否「親近感湧く」「何歳の話?」

中条あやみの“庶民派アピール”に賛否「親近感湧く」「何歳の話?」 

(C)まいじつ 

モデルで俳優の中条あやみが、6月29日放送のバラエティー番組『クイズ倍買』(TBS系)に出演。外食チェーン店が好きなことを明かし〝庶民派〟をアピールしたが、ネット上では賛否の声があがっている。

同番組は1問正解するごとに賞金が倍になるクイズ番組。この日の放送では〝人気チェーン店特集〟ということで、中華系ファミレス『バーミヤン』や『餃子の王将』などに関する問題が出された。

中条はバーミヤンに関する出題の際、「はいはい、バーミヤンは大好きです」「よくお母さんと原宿の店に行ってましたね、2階の」と過去を振り返った。さらに、餃子の王将に関する問題では「めちゃくちゃ好きです! 銭湯に行くのが好きなんですけど、お母さんと王将に行って晩ご飯を食べてから銭湯に行く」と、王将から銭湯が定番コースだったことを明かした。

中条あやみの“庶民派アピール”は過去話?

中条の庶民的な一面に、視聴者からは

《まさかあやみちゃんが王将好きだったとは。いつもレバニラ食べてたって親近感湧くなぁ》
《中条あやみみたいな美女が王将でレバニラ食ってたら絶対、店中の客が注目するでしょ。にわかに信じられないんだけど》
《高級レストラン行ってるイメージだったけど、意外と庶民的なんだね。好感度あがった》

などといった声が寄せられている。まさかの庶民派アピールで一気に株を上げた中条だが、一部からは

《中条がバーミヤンに行ってたのって、中学生くらいの時の話じゃないの? 大人になった中条が行ってるイメージない》
《王将でレバニラ食ってその後、銭湯ねぇ。ところでそのとき何歳だったんですか?》
《ドヤ顔で庶民派に見せてるけど、それって大分昔のエピソードだよね。さすがに今は行ってないでしょ》
《いくら中条あやみが美女でも14歳の頃は誰も知らなかっただろうしね。別に中学生が王将でレバニラ食べててもおかしくもなんともないわ》

などといった鋭い指摘も飛んでいる。

学生時代を振り返り、庶民派アピールするのは結構だが、次の機会にはぜひとも〝現在〟足を運んでいる店を紹介してほしいものだ。

【あわせて読みたい】