藤原紀香“土石流災害”お見舞いコメントに批判「うんざり」「どうかと思う」

藤原紀香“土石流災害”お見舞いコメントに批判「うんざり」「どうかと思う」 

(C)まいじつ 

俳優の藤原紀香が7月6日、自身のインスタグラムを更新。静岡県熱海市で発生した土石流について言及したが、ネット上では厳しい声があがっている。

藤原は《熱海 伊豆山の土石流災害に心が痛みます… 伊豆山の神社や美術館などもよく訪れていたので、その甚大な被害に胸が締めつけられています》と悲しみを明かした。続けて《昨夜、新幹線移動で伊豆山のあたり(トンネルも多かったですが)を通過した際、窓の外を向いて祈りを捧げました。お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げるとともに、まだ行方がわからない方々が一刻も早く見つかりますよう心より願っています。そして、救出作業をされている各機関の皆様もどうか安全でありますよう…》とつづった。

藤原紀香の“インスタアピール”に辟易するネット民

災害現場では今も警察や消防、自衛隊が2次災害に警戒しながら大量の泥を手作業でかき分けるなどして、捜索や救助活動を続けている。藤原が心を痛める気持も理解できるが、ネット上ではなぜか呆れる声が広がっている。実際には、

《この人のズレっぷりって神がかってるな。なんでこんなことわざわざ発信するんだろう》
《なんでもSNSで発信しないと気が済まないんだよね、紀香は。一般人はみんな黙って寄付やボランティアしてるよ》
《確かにこれはどうかと思うな。被災した人は絶望してるのに、紀香は一瞬だけ通りすぎて祈りを捧げるという》
《どんな形でもいいから救助活動の支援をした方がみんなから好感を持たれますよ。別に直接の救助に加われとは言わない、後方支援的なお手伝いはいろいろあると思います》
《災害あるたびにインスタやらにすぐアップして、心寄り添ってますアピールしてるよね。載せて「いいね!」もらわなきゃ気がすまないんだろうな。うんざりする、こういうの》

などといった声があがっている。

「新幹線の車内で祈りを捧げた事自体はなんの問題もありませんが、いちいちそのことをインスタグラムで発信するというのが〝紀香らしい〟ですね。裏側では、寄付などをしているのかもしれませんが…。藤原はこの投稿の数時間後、《1歳3ヶ月でこの貫禄。ママ、びつくりだよ》(原文ママ)などとつづり、愛猫のカットを公開しています。本当に被災者のことを心配しているなら、しばらくは投稿を控えてもおかしくありません。このような切り替えの早さが、言葉に重みを感じない理由でもあるのでしょう」(ネットニュースサイト編集者)

せめて、夫の片岡愛之助が一言、アドバイスできないものなのだろうか…。

【あわせて読みたい】