水泳・岩崎恭子の“名言訂正が裏目に…当時の不倫を思い出すファン

水泳・岩崎恭子の“名言訂正が裏目に…当時の不倫を思い出すファン 

(C)Dean Drobot / Shutterstock 

1992年のバルセロナ五輪水泳金メダリスト・岩崎恭子が7月7日放送の『東大王』(TBS系)に出演。レース直後のあの〝セリフ〟を29年ぶりに訂正し、ネット上ではさまざまな声があがっている。

この日、番組では『五輪直前! 豪華メダリスト集結 史上初! 知識王VSアスリート王大激闘SP』と題し、競泳の松田丈志、バドミントンの潮田玲子、女子レスリングの浜口京子らアスリート陣が「オリンピアンチーム」として参戦した。

五輪にまつわる問題が多数登場する中、最終難問として出題されたのは、岩崎がバルセロナ五輪の200m平泳ぎで、金メダルを獲得したレース直後のセリフだった。競泳の松田は「今まで生きてきた中で一番幸せです」と解答し、見事正解。しかし、実際にセリフを発した岩崎自身がまさかの「違うの!」と否定。スタジオも一瞬、困惑する事態になった。

「多くの人が〝今まで生きてきた中で〟と記憶していたと思いますが、実際には〝今まで生きてた中で〟であると岩崎本人が明かしました。恐らく、当時のメディアが正しい日本語表示をテロップにしたため、そのまま人々の記憶に残ってしまったのでしょうね。岩崎自身も訂正する機会がないまま30年近くが経ってしまったようです。ウィキペディアにも早速、訂正が入っていました」(エンタメ誌記者)

岩崎恭子の“しれっと復帰”に厳しい声

岩崎の訂正に、ネット上では

《岩崎恭子の日本語がおかしい説。本人もいいづらかったんだろうな~》
《岩崎恭子本人が修正。まさに歴史的瞬間!》
《本人からみんな知ってる名言の訂正が入るとはすごいもの見たなー》

などと、大きな反響を呼んでいる。しかし一方で、岩崎に対してイラつく人が続出。どうやら過去の〝不倫〟が気になってしまったようで、一部からは

《この人、一児の母でありながら、50代男性と手つなぎデートしてたんだよね。正直、顔も見たくないんですけど》
《不倫してたくせにバラエティー番組で大はしゃぎってどうなん? タレントだったら普通にNGだと思うが》
《不倫したときも同じセリフを言えたのかな?》
《岩崎恭子は不倫してたのに、普通にクイズ番組に出られるんだ。世の中の不倫バッシングの基準は何なのかね》

などといった声もあがっている。

岩崎が不倫を認めて謝罪&離婚したのは2018年11月のこと。今ではすっかり過去の話になっているが、岩崎自身による歴史的修正が、どうやら〝やぶ蛇〟になってしまったようだ。

【あわせて読みたい】