『有吉の壁』上白石萌歌の“炎上ネタ”をイジる「やめてやれよ」「昇華された」

『有吉の壁』上白石萌歌の“炎上ネタ”をイジる「やめてやれよ」「昇華された」 

(C)まいじつ 

7月7日放送の『有吉の壁』(日本テレビ系)に、お笑いコンビ『三四郎』が出演。俳優・上白石萌歌のモノマネが話題となっている。

今回は「なりきりの壁を越えろ! 有名人が集まる日本料理店」というコーナーで、出演芸人たちがモノマネ芸を披露。ここで『三四郎』は、小宮浩信が『スピッツ』のボーカル・草野マサムネに、相田周二が上白石に扮していた。

小宮が歌を歌い終わると、相田は嬉しそうに「私スピッツさん大好きなんですー」と拍手。これに小宮が「スピッツでいいよ」と、グループ名に〝さん付け〟はいらないと指摘するも、相田は「スピッツさんは私にとって神様的な存在」と〝さん付け〟を続行する。小宮が再度「スピッツでいいよ」と諭すも、相田は「スピッツさんの『楓』さんをカバーさんさせていただいて…」と、他の名称にも〝さん付け〟を始める。ここでネタを見ていた有吉弘行は「あぁーそういうことね、気にしてんだね」と、ネタのコンセプトに気づいた様子だ。

その後も相田は「スピッツさんの曲さんを、姉さんの上白石萌音さんと一緒に、ユーチューブさんでカバーさんさせていただいて…」などと続け、小宮が「怯え過ぎだよ、炎上気にしすぎだよ!」とツッコミを入れていた。

上白石萌歌の“スピッツ”問題

「スピッツと上白石といえば、今年4月放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)で共演した際、上白石が〝スピッツ〟と呼び捨てしたことで一部で批判が起こったのです。『尊敬してるなら「さん」くらい付けろ』などとクレームが来て、そのイチャモンぶりが芸能界でも話題になりましたね」(芸能記者)

今回の『三四郎』のネタに、ネット上では

《有吉の壁でスピッツさん呼び問題、ネタにされてる やっぱり相当話題になっちゃったんだな~》
《スピッツさんネタにされとるやん笑 昇華された感じする。 ありがとう三四郎さん》
《スピッツさんイジるのやばい》
《スピッツさんのネタやめてやれよwww》
《「スピッツさん」問題あったなー、誰が覚えてんだよw》

といった笑いが起こっていた。

今度はぜひ、本人にも思い切ってネタにしてほしいものだ。

【あわせて読みたい】