『ケンミンショー』に青森県民が激怒? バカにした紹介に「失礼すぎる」

『ケンミンショー』に青森県民が激怒? バカにした紹介に「失礼すぎる」

(C)Ollyy / Shutterstock 

7月8日放送の『秘密のケンミンSHOW極』(日本テレビ系)で、青森県民の習慣が紹介された。視聴者はナレーターの「青森イジり」がひどいとして批判している。

青森出身のタレント、王林が2019年の放送で名産のリンゴをアップルパイにして食べると発言したことに着目。「にわかには信じがたい」として、スタッフが雑誌やネットを検索すると、アップルパイに関する情報が多いことに気付き、現地を取材することにした。

弘前でアップルパイに関して調査したところ、現地人は「有名ですよ」と強調。有名な店を紹介してもらい「結構、おしゃれな名前なんですね」とスタッフがイジったところ、「バカにすんなこのう! 弘前は本当に都会だね」と弘前弁で怒った。

おしゃれな店を紹介し「ここ青森ですよね?」

スタッフは弘前市内の菓子店を訪問。四角い建物におしゃれな装飾を紹介しつつ、「青森ではなくまるで東京の青山で見かけるような…白亜の外観がスタイリッシュ」などと紹介。このときに「ここ青森ですよね?」とテロップが。番組全体を通して「青森イジり」が続いた。

スタッフはこのままアップルパイが人気の店を訪問。個人店やスーパーなど、弘前市内の50店以上でアップルパイが販売されていると紹介。リンゴ農家がアップルパイを作るのも一般的だと説明した。

だが放送後、青森県民を中心に度を超した「青森イジり」があったとして怒りの声が続出。青森にもおしゃれな店ぐらいはあると番組を批判している。

《県民ショーあまりにも青森県に失礼すぎないか》
《青森だよね?のナレーションは失礼www》
《地方バカにしすぎじゃない? 東京にない美味しいものが北にはたくさんあるんだよ》
《青森だよね?とか失礼すぎない? さっきから》
《ここ青森ですよねとか、ほんと失礼じゃない?》
《リンゴの名産地なんだからアップルパイくらい作るだろ》
《青森にアップルパイのイメージないって地味に失礼》

たしかにおしゃれな店は日本各地にあるだろう。

【あわせて読みたい】