林修の“MLBゲスト解説”に騒然!「イチローディスりそう」「狙っとるやろ」

林修 

林修 画/彩賀ゆう

日本時間7月13日に行われる〝MLBホームランダービー〟に、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手の出場が決定した。現在メジャーリーグHR王と大活躍の大谷が出場するとあって、NHKはこれを急遽生中継すると発表したのだが、その解説ゲストにネット上が騒然としている。

解説ゲストに登場するのは、メジャーリーグ通で知られるタレント・予備校講師の林修先生。しかし、林先生とNHKは、メジャーリーグをめぐった〝ある因縁〟があるのだ。

「さかのぼること3年前、当時シアトルマリナーズに所属していたイチロー氏がシーズン中の試合出場を取りやめ、マリナーズの〝会長付特別補佐〟として契約を結んだことを『ニュースウォッチ9』(NHK)が報道しました。これに関し、同番組にゲスト出演していた林先生は、これまでのイチロー氏の活躍ぶりを称えつつ『それだけチームに尊重されてるということじゃないかな、という風に思いましたけれども』とコメント。しかしその直後、林先生が〝イチローアンチ〟であったことが晒されてしまったのです」(スポーツ紙記者)

番組が紹介したのは、林先生が2012年5月2日に投稿したブログ。そこには、当時タンパベイ・レイズに所属していた松井秀喜氏を称賛する言葉と共に、《特にイチロー選手には全く興味がわかない》とつづっていたことが、ご丁寧に赤線まで引かれた状態で表示された。

林先生が“イチローアンチ”だった過去を晒し上げ…

これに林先生は慌てふためき、すかさず「興味を持つ持たないは、これ憲法上で保証されている内心の自由ですから」と釈明。過去の発言を持ち出され、全国放送で恥をかかされるハメになったのだ。

こうした因縁があるため、林先生がNHKで解説としての出演が決まったことに、ネット上は、

《大谷のホームランダービーのゲスト林修てなんやねん》
《どんな気持ちで解説するんだ》
《林修に大谷翔平語って欲しくない》
《遠回しにイチローディスりそう》
《途中で過去のブログ紹介コーナーやろなあ》
《NHK狙っとるやろ》

などと騒然。放送前から、野球ファンの波紋を拡げることとなった。

「この放送からまもなく、林先生は当該ブログ記事を含むイチローに批判的な記事を大量に削除しています。おそらく、この時の晒し上げに相当なショックを受けたのでしょう。また、林先生は大の〝松井信者〟として知られているので、松井氏が持つアジア人シーズン最多本塁打記録を7月8日に塗り替えた大谷選手に、どんなコメントを寄せるのか期待する声もあがっています」(スポーツライター)

ともあれ、林がメジャーリーグ通であることに変わりはない。持ち前の知識とトーク力で、大谷の活躍をどの様に評するのか楽しみである。

【あわせて読みたい】