『ハコヅメ』細すぎる“3人の女性警官”にツッコミ殺到「子どもにも負けそう」

『ハコヅメ』細すぎる“3人の女性警官”にツッコミ殺到「子どもにも負けそう」

画/彩賀ゆう

7月7日より、俳優の戸田恵梨香と永野芽郁がダブル主演するドラマ『ハコヅメ ~たたかう!交番女子~』(日本テレビ系)の放送がスタートした。ネット上では、可憐すぎる女性警官たちにツッコミが起こっている。

「警察官にさえなれば一生安泰」そんな安易な考えから警察官になった新人・川合麻依(永野)は、通称〝ハコヅメ〟こと交番勤務に配属されることに。そして心身共にキツい警察の仕事に限界を感じ、早々に辞職願を出そうとしていた矢先、問題を起こして交番に飛ばされてきたという刑事課の元エース・藤聖子(戸田)とペアを組むよう言い渡されてしまうというストーリーだ。

第1話では、主演2人のほか、脇を固めるキャラたちが登場。藤の同期・源誠二(三浦翔平)と、そのペアで後輩の山田武志(山田裕貴)、藤の後任で新撰組オタクの新任刑事・牧高美和(西野七瀬)と、個性あふれるメンバーが揃った。

川合は藤に誘われ、牧高も合わせた3人で自宅で女子会を開くことに。すると美人が揃ったこのシーンにネット上では

《女子会のメンバーのレベルがレベチでやばい》
《なぁちゃんと永野芽郁と戸田恵梨香の女子会とか控えめにいって最高過ぎんか》
《ハコヅメ女子会混ざりたいというよりそっと見守っていたい》
《ハコヅメ面白かったけど真面目なところもあってめちゃめちゃよかった何より女子会最強です》

など興奮の声が殺到した。

「犯人に軽く吹っ飛ばされそう」

一方で、スタイルが良すぎる3人の女性警官に違和感を抱いた人も多いようで、

《出てくる女子みんな細過ぎでは…》
《女性陣が身体細すぎでどうしても警察官に見えない》
《永野芽郁、細すぎて心配になる。ていうかこんな細い警官おらんやろ》
《とにかく戸田恵梨香と永野芽郁2人とも細すぎて警官に見えない》
《みんな細すぎて犯人に体当たりされたら軽く吹っ飛ばされそうだね》
《女性3人華奢で細すぎww 子どもにも負けそう》

といったツッコミが起こってしまった。

肉体派の女性俳優も多いのだが、わざとらしいほど華奢なキャストをそろえた『ハコヅメ』。このリアリティーのなさが、ドラマらしくていいのかもしれない。

【あわせて読みたい】