小出恵介が激変!? “4年ぶり”ドラマ復帰も「老けた」「面影ないな…」

小出恵介が激変!? “4年ぶり”ドラマ復帰も「老けた」「面影ないな…」 

(C)まいじつ

俳優の小出恵介が7月8日、インスタグラムを更新。自身が主演する新作ドラマが放送されると告知したが、ネット上からは厳しい声があがっている。

小出は、《hello everyone! 僕が出演させて頂くABEMA オリジナルシリーズ新作ドラマ「酒癖50』が7/15日(木)夜10時よりABEMAにて放送されます》とあいさつ。続けて《正直テーマ的にも引き受けるべきかどうか非常に迷いましたが、役者としての再挑戦としては逃げてはいけない球だと思い決死の覚悟で挑ませて頂きました!》とコメント。

さらに、《4年ぶりのドラマは悲喜交々、怖さも自分の演技に対する自信を問いかける瞬間もたくさんあり、しかしやはり終わった後には大きな大きな感動がありました! ここで改めて再スタートを切るべく全6話、身を粉にして拙い演技をぶつけて来ました 2ヶ月間緊張しっ放しthat was super memorable shooting though!! 何卒よろしくお願い致します》と語った。

小出は2017年にNHKのドラマ撮影のために訪れていた大阪で、当時17歳だった女子高生を飲み会に呼び出し、未成年であることを知りながら不適切な行為に及んでいたことが発覚。女性とは最終的に示談が成立し不起訴となったが、当時の所属事務所アミューズから無期限活動停止を言い渡され、18年に契約が終了している。

小出恵介の“顔面変化”を指摘する声

4年ぶりとなるドラマ復帰にファンからは期待の声が送られている。しかし一方で、公開された小出の顔を見たネット民からは

《太ったな。人相変わった感じがする》
《アラフォーだからしょうがないと思うけど、なんか老けたな~。ただのおっさんに見える》
《結構顔が変わったな。昔はイケメンだったのにね。もう酒は止めたのかな?》
《たしか昔はイケメン俳優だったよね。もはや面影すらないな…》
《しばらく見ない間にずいぶん一般人ぽくなってる。あの頃のオーラはどこにいったんだろう》

などと、厳しい声があがっている。

「『酒癖50』は酒によってもたらされる人間の弱さ、愚かさ、現代社会の闇を描いたオリジナルドラマで、放送作家の鈴木おさむ氏が脚本を担当しています。未成年者と飲酒して活動停止した小出に対する当て書き作品でしょうが、小出のリアルな酒癖の悪さが知れ渡っている以上、苦々しく思う人も多いでしょう。そもそも、すっかり太ってしまい、かつての面影がなくなってしまった小出にどれだけ注目が集まるかは未知数です。今後の小出を占う試金石になるかもしれません」(テレビ誌ライター)

4年ぶりのドラマ出演でどんな演技を見せてくれるのか。本人もドキドキしていることだろう。

【あわせて読みたい】