『ドラゴン桜』は異例の成功!? 続編が大失敗したドラマとの違いとは…

『ドラゴン桜』は異例の成功!? 続編が大失敗したドラマとの違いとは… 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

16年ぶりに続編が制作された阿部寛主演のドラマ『ドラゴン桜』(TBS系)が大成功を収めた。時代に合わせるために原作を改編するという賭けに出たのだが、これが見事にハマったようだ。

過去のヒット作の続編を制作することは、「そんなにネタがないのか?」「栄光にすがっている」「楽をしている」などと厳しい声が寄せられることも多いが、実はかなり大変でリスクも大きい。実際、続編が失敗したケースは山のようにある。

同じ阿部主演作でも、『結婚できない男』(フジテレビ系)は続編が大失敗した。2006年に制作され、最高視聴率が20%超え(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)の輝かしいヒットを収めた同作は、2019年に13年ぶりの続編『まだ結婚できない男』が発表された。

終了後も何度も語り継がれるほど、伝説的な人気になっていたドラマの続編で、注目度は抜群だったが、初回の視聴率は11.5%と微妙なスタートを切ることに。さらにその後は、二桁割れを連発し、終わってみれば全話平均9.3%という拍子抜けな結果に終わった。

「『まだ結婚できない男』は、前作の人気キャスト・夏川結衣を起用しなかったことにファンがガッカリしていました。しかし何より問題だったのは、時代が変わったこと。2006年当時は〝結婚が当たり前〟で、〝お一人様〟が珍しかったのですが、2019年ではそれらがスタンダードに。変人であった主人公が普通の人になってしまったため、ドラマの面白さが格段に落ちてしまったのです」(芸能記者)

『ハケンの品格』も時代錯誤に…

篠原涼子の主演ドラマ『ハケンの品格』(日本テレビ系)も、時代が変わったことで続編が失敗した例だ。

2007年に第1シリーズが制作され、2020年に続編が作られた同作。職場でのセクハラやパワハラ、難題を主人公がスカッと解決するのがウリであるのだが、そのセクハラシーンなどがあまりにも〝時代錯誤〟と呆れられてしまった。

というのも、以前に比べて現代は、法の改正やネットの大流行などもあって会社の風通しがよくなっており、キツすぎるセクハラやパワハラは減ってきている。にもかかわらず、2020年のドラマで旧時代のような職場を再現していたため、

《新シリーズなのに、古いシリーズ見てるみたいに時代錯誤だなぁ》
《全体的にいつの時代ですか?感が満載。社会を取り扱うならリアリティーが欲しい》

といった声があがったのだ。

時代に合わせて成功した『ドラゴン桜』。時代に合わなくて失敗した『まだ結婚できない男』『ハケンの品格』…。時代に合ってこそ、ドラマは大ヒットにつながるようだ。

【あわせて読みたい】