『TOKYO MER』中条あやみの“キャラ設定”に「イライラする」「不安だわ」

『TOKYO MER』中条あやみの“キャラ設定”に「イライラする」「不安だわ」

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

7月11日に日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(TBS系)の第2話が放送。ヒロインの研修医・弦巻比奈役を演じている中条あやみの〝演技力〟が再び話題になっている。

同ドラマは、最新医療機器とオペ室を搭載した大型車輌(ERカー)で重大事故・災害・事件の現場に駆けつけ、命を救うために危険な現場に飛び込んでいく救命救急チーム「TOKYO MER」の活躍を描く物語。中条が演じる弦巻は、プライドが高く、自分は何でも出来ると信じている研修医で、主人公・喜多見幸太(鈴木亮平)のやり方に反発しながらも、一人前に成長していく姿が描かれる。

第2話では、ミスで患者の命を危険にさらしてしまった弦巻が意気消沈し、自信を失ったまま事故現場へ向かい、喜多見から1人オペを任されるシーンが描かれた。

今回は弦巻の成長が描かれたことから、視聴者からは

《中条あやみかっこ良かった。フォローする菜々緖もよかったね》
《比奈先生の成長が楽しみだな。立派な医者になれるかな?》
《あり得ないミスにハラハラしたけど、頑張ったね。鈴木亮平が理想の上司すぎるわ!》
《シリアスな中条さんの眼力が良いね。こんなに成長してたんですね。これからも楽しみです》

などと、反響を呼んでいる。

中条あやみの“ウザキャラ”に視聴者のイライラが加速?

一方で、研修医という立場ながら漫然と不服そうな態度をとる弦巻に対し、ネット上では

《中条あやみしょっぱなから感じ悪いなー。見ててイライラする。役立たずのくせになぜそんなに偉そうなの?》
《鈴木亮平がカッコよくて演技が上手いだけに、中条のダメっぷりが際立つな。しかもめちゃ感じ悪い役柄というのもね》
《そもそも研修医のくせになんでそんなにヤル気がないんだろう。他の人が出来ない経験を積むいいチャンスなのに》
《中条あやみポンコツすぎて吹いた。これ脚本家、悪意あるだろ》
《医師のくせに感情的過ぎて本当に大丈夫なのって不安になったよ。本当に最後は成長するのかな》

などと、中条の決して上手とは言えない演技力と相まって、大ブーイングが起きている。

「中条演じる弦巻のキャラクターがダメダメなこともありますが、演技がイマイチなのも余計に視聴者をイラつかせているようですね。腕が未熟で周囲の役に立てないだけならば応援できるのですが、ビックリするほど態度が悪いですからね。中条には知的な医者のイメージは希薄ですし、正直、ミスキャストと思う視聴者もいるのではないでしょうか。視聴者から反感を買うキャラクターならば、本気で中条本人が恨まれるくらいの逆転演技を見せてもらいたいですね。役柄だけでなく、演技力も含めて〝役立たず〟認定されてしまっては、中条も立つ瀬がないでしょう」(テレビ誌ライター)

3話以降では引き続き弦巻の成長物語が描かれるというが、果たして最終話までに中条の演技力は向上するだろうか。別の意味でドラマの見所が誕生してしまったようだ。

【あわせて読みたい】