中居正広“日本人差別”に「敏感すぎ」発言で炎上! 自身も人種差別した過去…

中居正広“日本人差別”に「敏感すぎ」発言で炎上! 自身も人種差別した過去…

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

7月11日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に、タレントの中居正広が出演。世間を騒がせている〝日本人差別問題〟に対してコメントしたところ、視聴者からは落胆の声が殺到している。

2019年、『バルセロナ』のプレシーズンツアーでサッカーフランス代表のウスマン・デンベレとアントワーヌ・グリーズマンが来日した際、2人は滞在中のホテルで日本人スタッフを呼び出し、ゲームのセッティングをさせた。ここでデンベレは、日本人スタッフの顔を撮影してアップにしながら「醜い顔だ」「どんな後進国の言葉なんだ」と侮辱発言を連発。これを聞いていたグリーズマンもニヤニヤと笑っていた。

この動画が拡散されると、『バルセロナ』のスポンサーを務めている『楽天』の三木谷浩史社長はツイッターで《クラブに対して正式に抗議すると共に見解を求めていきます》とコメントを発表。また、『コナミデジタルエンタテインメント』は、同社のカードゲーム『遊戯王』のアンバサダーを務めていたグリーズマンの契約解除を発表した。

だが、今回の『ワイドナショー』では、デンベレの言葉は「差別的な意味ではないかもしれない」という意見を積極的に紹介。「醜い顔」という部分はスルーして、「どんな後進国の言葉なんだ」という部分をクローズアップした。

すると意見を求められた中居は「ちょっと敏感になりすぎなのかなー」と、世間が騒ぎすぎではないかと指摘。「例えば僕が外国人の人とすれ違ったときに、大きい人を見たら『うわ、デカッ!』とか、髪の毛がすごい人に『何あの髪!』って思ってしまうこともありますし、言うこともありますもん。悪意がなければ何を言ってもいいわけではないですけど…」と語っていた。

人種差別で炎上した中居正広の過去…

『ダウンタウン』松本人志など、ほかのコメンテーターたちも同様に、被害者意識が強いのではないかと疑問を投げかけていたが、ネット上では

《これは敏感だからとかいうレベルじゃなくね?》
《中居の例えが的外れすぎる》
《スタジオでの論点ずらしがすごい》
《日本人がヨーロッパで黒人に同じような言動したらたぶんクビになるよ。それをこの世間知らずのタレントどもは分かってない》
《なんかどいつもこいつもヘラヘラしてて困惑するわ》
《どいつもこいつもクソみたいなコメントで引くわマジで。お花畑すぎんかこいつら》
《言葉遣いの差別じゃ無くて、映像を録りながら笑って侮辱してることが問題なんだろ》
《酷い番組だな。よくこれ擁護できるな気持ち悪っ》

といった声があがっている。

中居といえば以前、外国人コンビニ店員の片言の日本語を嘲笑して炎上した過去があり、松本も『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 大晦日年越しスペシャル!』(日本テレビ系)での、相方・浜田雅功の〝黒塗りメーク〟が人種差別だとして炎上したことがある。

2人が差別に対して寛容なのは、人のことをとやかく言うことができないからだろうか。

【あわせて読みたい】