大谷翔平“命の危機”を回避! アメリカの大事件に心配の声「危機一髪だ」

大谷翔平“命の危機”を回避! アメリカの大事件に心配の声「危機一髪だ」 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

日本人メジャーリーガーのシーズン最多ホームラン記録を更新し、日本人初のメジャーホームラン王も射程圏内に入っている『ロサンゼルス・エンゼルス』の大谷翔平選手。今や名実ともに〝日本の宝〟となった彼が、死の危機に瀕していたやもしれぬという物騒なニュースが飛び込んできた。

一報を伝えたのは、コロラド州・デンバーのニュースチャンネル・デンバー7ニュースだった。日本時間7月11日、同チャンネルのツイッターアカウントは、コロラド・ロッキーズの本拠地である『クアーズ・フィールド』付近のホテルで、現地警察が16丁の銃と1000発以上の弾薬を発見したと報道。翌日にはCNNでも同事件が報じられ、薬物の発見や男女4人の逮捕が伝えられた。

ホテルで大量の銃が見つかったことから、当局は2017年にラスベガスのマンダレイ・ベイ・ホテル客室から男が広場へ銃を乱射し、58人が亡くなった米史上最悪の銃乱射事件を想起させると警戒を強めたとのことだ。

大谷翔平があわや凶弾に倒れる可能性が?

そして「クアーズ・フィールド」は、日本時間13日から、ホームランダービーとオールスターゲームが行われる球場。大谷選手は両方への出場を控えており、いわば、テロに巻き込まれる可能性があったかもしれないのだ。

日本時間12日早朝には、同事件に関わる不審な動きが見られないとして、デンバー市当局がオールスターと観客の安全を会見で保証。無事に開催できるようで何よりであり、日本のネット上にも

《アメリカってヤベー国だな》
《大谷さんの怪我を心配してたけど、お国柄もっと心配することあるのね》
《事前に防げなかったら大事件やったなこれ》
《大谷くん危機一髪やったな》
《もしかしたらMLBオールスターゲームのお客さんと選手が銃乱射の餌食になってたかもしれないと思うと怖かった》
《殺されたら本当にエンジェルスやん》
《ふと思ったけど東京オリンピックの警備って万全なんかな?》

など、胸を撫で下ろす反応が広がった。

〝投手・大谷〟の被弾はよく見る光景だが、よもや実弾を浴びるかもしれなかったとは…。ともあれ、日本のファンが中継を見られるようで何よりだ。

【あわせて読みたい】