『月曜から夜ふかし』イカの“モニュメント”に賛否「伝え方悪い」「間違ってる」

『月曜から夜ふかし』イカの“モニュメント”に賛否「伝え方悪い」「間違ってる」 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

7月12日放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)で、新型コロナウイルス絡みで物議を醸したイカのモニュメントが登場。所有する町の職員が現れ事情を説明したが、視聴者からは賛否が飛び交っている。

石川県能登町が新型コロナウイルス関連の交付金でイカのモニュメントを造ったとして、今年大いに話題に。海外ニュースでも取り上げられるなど物議を醸した。

番組では能登町職員3人がモニュメントの前に現れ、事情を説明。職員によると、2020年度に国から地方創生交付金6億8000万円が交付されたという。このうち2億7000万円を新型コロナウイルスの感染防止事業に、1億4000万円を雇用維持・事業継続のための取り組みに、2億7000万円を地域経済の回復のためにそれぞれ充てた。課長いわく、その中の2500万円でイカのモニュメントを設置したという。

イカのモニュメントは”交付金の一部”と説明も…

課長はスタッフに応答。モニュメントに充てた交付金は全体の一部だが、全額と勘違いされ全国から非難を浴びたと説明した。

番組ではモニュメントに賛同する現地人の声も紹介。子ども連れの男女は「子どもにはいいなと思ってます」、モニュメントの隣のガソリンスタンドの人物は「これがあるおかげで(売り上げが以前と比べ)プラスにはなってるんで…」と喜んだ。

職員は、モニュメントの愛称が「イカキング」に決まったとも紹介。「みなさん、コロナ収束後はイカキングを見にこなイカ?」とギャグでPRした。

視聴者は地元住民に喜ばれていることは良いこととした。ただ、やはり交付金をモニュメントに使うのは納得がいかないとの声もある。

《イカのモニュメントのおかげで隣のガソリンスタンドの売り上げ増えたのか!》
《このイカのモニュメント、交付金の全額使ってないのならホント伝え方悪いと思う》
《地元の人には喜ばれてるようでよかったんじゃないかな》
《イカのモニュメント作るくらいなら災害予備費としてちゃんと蓄えといてほしいと思うよ…石川県民じゃないけど…》
《どう考えても金の使い方間違ってるだろwww》
《もうちょっと良いネーミングあったはずなのにな 税金使ってる分…》

モニュメントにかけた2500万円以上の経済効果があるのなら国民も納得しそうだが…。

【あわせて読みたい】