『サンジャポ』太田光のメディア批判に賛同の声!「至極真当なコメント」

『サンジャポ』太田光のメディア批判に賛同の声!「至極真当なコメント」 

(C)まいじつ 

7月11日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴って東京都に発令された、4度目の緊急事態宣言について特集。司会の『爆笑問題』太田光がメディア報道へ苦言を呈し、視聴者の賛同を集めている。

この日の番組では、他のワイドショーと同じく新型コロナ関連の話題が中心に。さまざまなトピックが取り上げられる中で太田は、「分断を煽るなっていうのがある中で、自分はテレビは大好きだけど、テレビははたして今までどうだったかな」と切り出す。

そして「政府は後手後手だっていつも言うじゃない我々は。だけど今回、わりと早めに緊急事態宣言出した訳ですよね」「いざ緊急事態宣言を出すと、今度は飲食店が困っている報道の仕方をする。我々のやっていることは一体なんなんだろうって」と、メディアの報道姿勢に疑問を投げかけていた。

共感の声が殺到! 一方で太田光に異議を唱える人も…

その後、太田は「テレビははたして、本当にちゃんとしたメッセージを出せているのかな」とメディアの在り方を憂い、発言を締めくくった。太田の持論に視聴者からは、

《太田さんの言うことすごくスッキリしました。全ての制限を解除すると宣言したら、マスコミが批判するに決まっているし、マスコミのせいでまともな政策がとれない状況だと思う》
《ホントそのとおりだわな。言ってることとやってることが矛盾してるし、散々不安を煽っといて…》
《至極真当なコメントだと思います。今までテレビに出ている連中が、都合よく見て見ぬ振りをしていた部分をよく言ってくれました》
《太田さんの発言を生で見ていた。言葉を選びながら話す彼の見識が表れている》
《多くの番組では太田さんのように普通の意見が全く出ずにただひたすら政府与党の批判を繰り返すばかり。罵りあいのような番組なんて見たくないのでTVをつける時間が確実にへりました》
《太田さん核心をついた発言だね。人々の心を煽り続けたTVは自粛してほしい》

などと共感の声が続出している。ちなみに太田の持論に番組コメンテーターの杉村太蔵は「テレビは多様な意見があるじゃないですか」と反論。これに太田は多種多様といいつつも、メディアはある程度方向性を決めて報道している…というような趣旨のコメントを繰り出し、杉村を説き伏せていた。

民衆の意見を代弁し、共感を集めた太田。視聴者が求めているのは太田のように当たり前のことを忖度せずに発言できるコメンテーターなのだろう。

【あわせて読みたい】