『TOKYO MER』危機感ゼロの“決め台詞”に批判「マジで嫌」「冷める」

『TOKYO MER』危機感ゼロの“決め台詞”に批判「マジで嫌」「冷める」 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

7月11日、俳優・鈴木亮平の主演ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(TBS系)の第2話が放送された。ネット上では同作の〝決め台詞〟が物議を醸している。

事故・災害・事件の現場へ駆けつけ、患者を救命するために発足した救命救急チーム〝TOKYO MER〟のメンバーは7人。チーフドクターの喜多見幸太(鈴木)、研修医・弦巻比奈(中条あやみ)、看護師・蔵前夏梅(菜々緒)とベトナム人看護師・ホアン・ラン・ミン(フォンチー)、麻酔科医・冬木治朗(小手伸也)、臨床工学技士・徳丸元一(佐野勇斗)、そして厚生労働省の官僚であり医師の音羽尚(賀来賢人)。命を救うために危険な現場に勇猛果敢に飛び込んでいく…。

第2話では、夏祭りで爆発事故が起こり、〝TOKYO MER〟に出動命令が下る。重症患者が多数いることから手が回りきらず、研修医である比奈にも重い責任がのしかかることになる。そして比奈は、ぶっつけ本番のような状態で手術を始めることに。周りの看護師などに心配されながら手術を進めるが、その最中に患者の容態がどんどん悪くなってしまった。

だがそんな絶体絶命の時に、ほかの手術を終えた喜多見と音羽が駆けつけてくる。2人の迅速な処置によって患者は命を取り留めるのだった。

決めゼリフ「死者は…ゼロです!」がヒエヒエ

〝TOKYO MER〟の活動が終ったあと、遠方で指示を出していた危機管理対策室では、女性オペレーターが「死者は…ゼロです!」とタメをつくって報告。この言葉を受けて、対策室では歓喜の声があがっていた。

この「死者は…ゼロです!」という台詞は第1話でもあったのだが、これを決め台詞のようにしていることにネット上では

《死者は…ゼロです!のところでいつも何故か恥ずかしくなる》
《これ毎回やるの? 冷めるんだが。もっと冷静に仕事して欲しい》
《死者は…(タメ) ゼロです!の言い方、いつか死人が出るからマジで嫌 希望のセリフにどうしても聞こえん》
《司令室の決めゼリフ「死者は……ゼロです!」はタメ過ぎだろー! シリアスな場面なのに笑ってしまうよ》
《これは緊急医療がスコアを競うスポーツで、利害関係を賭けた者たちが観戦している様に見える。「ゼロです!」は、掛け替えのない命を単なる数として扱っており、怖くてたまらない》

といった苦言が相次いでいる。

命を扱うドラマとして、この表現はさすがにやりすぎだったようだ。

【あわせて読みたい】