『TOKYO MER』GReeeeNの歌が雰囲気ぶち壊し?「今すぐ変えるべき」

『TOKYO MER』GReeeeNの歌が雰囲気ぶち壊し?「今すぐ変えるべき」 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

7月11日、俳優・鈴木亮平の主演ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(TBS系)の第2話が放送。ネット上では同作の主題歌がブーイングを浴びているようだ。

事故・災害・事件の現場へ駆けつけ、患者を救命するために発足した救命救急チーム〝TOKYO MER〟のメンバーは7人。チーフドクターの喜多見幸太(鈴木)、研修医・弦巻比奈(中条あやみ)、看護師・蔵前夏梅(菜々緒)とベトナム人看護師・ホアン・ラン・ミン(フォンチー)、麻酔科医・冬木治朗(小手伸也)、臨床工学技士・徳丸元一(佐野勇斗)、そして厚生労働省の官僚であり医師の音羽尚(賀来賢人)。命を救うために危険な現場に勇猛果敢に飛び込んでいく…。

「第1話から世帯平均視聴率14.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)というロケットスタートを切りましたが、第2話はさらにあげて14.3%。通常、第2話以降はほとんどの作品が数字を下げる傾向があるので、上昇しているということは、それだけ内容が評価されているのでしょう」(芸能記者)

だが一方で、視聴者からは不満点もあがっているという。

「4人組グループ『GReeeeN』が歌うドラマ主題歌『アカリ』が全然内容にあっていないのです。ドラマは重厚感たっぷりに演出されているにも関わらず、クライマックスで流れるのは、なんとも軽~い曲。このせいで、日曜劇場らしい壮大な雰囲気が完全に壊れていますね」(同・記者)

完璧なドラマの唯一のツッコミどころ…?

ネット上でも主題歌について

《主題歌だけ研修医レベル》
《この歌はいらない》
《一気に軽い雰囲気になっちゃうと言うか、青春ドラマみたいな感じなんだよなGReeeeNって》
《さっき流れてた変なラップ?の曲、ドラマに合ってないような気がするんだけど…》
《ダサいエンディング曲きた。今からでもすぐに変えるべき》
《申し訳ないけど軽く感じる。もうちょっと重厚感ある曲&声の方が合う》
《このフニャフニャ主題歌いらない》
《この歌は余韻を台無しにする。エンディング曲大事》

といった苦言が殺到している。

TBS系の日曜劇場では『天国と地獄~サイコな2人~』『テセウスの船』『グランメゾン東京』など主題歌にもこだわりがある作品が近年多かっただけに、ドラマファンはがっかりしただろう。

【あわせて読みたい】