大谷翔平の“MVP”を未来人が予知!?『バック・トゥ・ザ・フューチャー』が現実に

大谷翔平の“MVP”を未来人が予知!?『バック・トゥ・ザ・フューチャー』が現実に 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

アメリカメジャーリーグ『ロサンゼルス・エンゼルス』の大谷翔平選手が、早くもア・リーグMVPに〝当確〟したようだ。しかも驚くべきことに、この当確は〝未来人〟によって判明したという。

前半戦を終えたメジャーリーグだが、大谷の活躍はもはや言うに及ばず。しかし、その下馬評はというと、決して高いものではなかった。

「昨シーズンの大谷は投打共に散々な成績で、今シーズンも大した活躍はしないだろうというのが全米の共通認識でした。しかし蓋を開ければ、前半戦HR数でサミー・ソーサやマーク・マグワイアといったレジェンドと肩を並べるなど、メジャー史に残るほど大活躍。シーズンMVP獲得も現実味を帯びていますが、実際に獲得すると、イギリスの老舗オンラインブックメーカー『ウィリアムヒル』は数百万ドルの損失を負ってしまうのです」(米国ジャーナル特派員)

開幕前のア・リーグMVP予想で、同ブックメーカーが大谷に設定していたオッズは30倍。この高い倍率を見れば、今シーズンの大谷がいかに期待されていなかったかが分かるだろう。

未来人によって証明された大谷翔平のMVP獲得

しかし驚くべきことに、開幕前、大谷に3万ドルもの大金を賭けていた人物がいるのだ。もし大谷がMVPに輝けば、彼は30倍にあたる90万ドルを受け取ることに。一方、「まさか大谷が」と高倍率を設定した「ウィリアムヒル」側は、予想外の大損失を被るハメになる。

「『ウィリアムヒル』のニック・ボグダノビッチ取締役は、この事態に『このオオタニへのベットは非常に稀なもので、2度と見ることはないと思います』とコメント。大谷のケースがいかに異例か、自ら驚きを述べています。それほど下馬評が低く、全米の誰も期待していなかった大谷に3万ドルもの大金を賭けるなんて、事前に〝活躍〟を知っていたとしか思えません。おそらくこの男性は未来からやって来た人で、大谷がMVPを獲得すると知っていたのでは?」(自称・サーヴァント)

確かに、誰も期待していなかった高倍率の大谷に大金を注ぎ込むのはあまりにリスキー。おおよそ常人の発想では考えられないが、彼が未来の人間で、大谷のMVP獲得をすでに知っていたとすれば、全てが腑に落ちていく…。やや突飛かもしれないが、切って捨ててしまうには説得力のある仮説だ。

人気映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の2作目では、悪役・ビフが未来のスポーツ名鑑を持ち帰り、〝分かっている結果〟に賭けることで巨億の財を成していた。まさか、同様の事態が現実に起きていたのだろうか…?

【あわせて読みたい】