『さんま御殿』河北麻友子が“アイドル”にマウント?「めっちゃバカにしてる」

『さんま御殿』河北麻友子が“アイドル”にマウント?「めっちゃバカにしてる」 

(C)まいじつ 

モデルの河北麻友子が、7月13日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演。アイドルが明かした田舎の習慣を聞いて驚くそぶりを見せたが、地方在住の視聴者は「マウントを取っている」と感じてしまったようだ。

モデル芸人の星咲恵玲奈は、学生時代に石油王の息子が親のブラックカードを持ち歩いていたものの、100円ショップでカードが使えず、星咲が代わりに支払いをしたとのエピソードを披露。ここからトークは決済方法の話に移った。

河北は財布を持ち歩かずにSuicaで支払いを済ませるとし、自動販売機でもSuicaが使えるとヒロミ、出川哲朗ら年上の共演者に強調。元JR職員の『蛙亭』中野周平はICOCAやSuica、SUGOCA、Kitacaなど各地域で使われる「交通系IC」は機能面がほぼ同じだと説明した。

ここで明石家さんまはご当地アイドル・りんご娘の王林に「青森はどう? まだやろ?」と話を振る。王林は「まだ電車も乗れないと思います」と口にすると、河北が反応。「毎回切符を買ってるんですか?」と問い、「そうですそうです」と返事すると「ええ!」と河北ら共演者は驚いた。

Suica使わぬ青森県民にドン引き「エエエエエ!」

乗車券を毎回買うという王林に「一回一回?」と河北は問い直し、「一回一回買います」と聞くと、時間をためて「毎回? エエエエエ!」と驚くそぶりを見せる。定期券も改札機に通していると語る王林を、河北はあんぐりと驚いた表情で眺めた。

番組のテロップによると、青森のSuica導入は2023年春以降を予定しているという。

この後も王林に厳しいツッコミを浴びせた河北。王林とのやりとりを見て、一部視聴者は河北が地方をあざけ笑ったと感じたようだ。

《めっちゃバカにしてる笑 電車も路線バスも交通系電子マネーはまだ使えねーよ。ど田舎の青森なめんな》
《「毎回!? え、毎回!?」って感じで下に見てるっぽい河北さん苦手です》
《田舎バカにしすぎ Suica導入してなくても素敵なところだよ!青森は》
《河北麻友子のSuicaマウント笑ったwwwww》
《王林ちゃんを小馬鹿にした態度、許せねぇ》

河北のリアクションは、田舎コンプレックスに火をつけてしまったようだ。

【あわせて読みたい】