『ナイト・ドクター』精神疾患の描写に批判「誤解される」「なかなか強引」

『ナイト・ドクター』精神疾患の描写に批判「誤解される」「なかなか強引」 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

7月12日、波瑠主演の月9ドラマ『ナイト・ドクター』(フジテレビ系)の第4話が放送された。この回で〝精神疾患〟と診断される描写が波紋を広げている。

同作の主人公・朝倉美月(波瑠)は、働き方改革を目指す「あさひ海浜病院」に設立された、夜間勤務専門の救命医チーム〝ナイト・ドクター〟を志願した責任感ある医者。研修医あがりの医者・深澤新(岸優太)や桜庭瞬(北村匠海)、かつての同僚・成瀬暁人(田中圭)、頭の回転が早く医師としても優秀な高岡幸保(岡崎紗絵)とともに奮闘していく〝青春群像医療ドラマ〟だ。

第4話では、女性患者・花園詩織(松井愛莉)が搬送されてきて、その付添人で花園の恋人だという青山北斗(竹財輝之助)も現れる。しかし青山は高岡の恋人。思わぬ形で修羅場となってしまう。

高岡がなんとか自分の気持ちを抑える中、花園は嫌がらせとして高岡を召使のように扱う。マッサージを要求したり、コーヒーを買いに行かせたりなど、要求はエスカレート。さらに「友達いないでしょ?」と嘲笑うほか、高岡の親が美容整形の医者だと突き止めて揶揄するなどしたため、ついに高岡は激怒するのだった。

「世の中そんな人溢れまくってない?」

だがとある日、高岡は花園が眠りながら泣いているところを目にする。花園に精神疾患があると疑った高岡は、精神科への受診を勧める。花園は「私のことムカつくからって精神病扱いする気?」と抵抗するが、高岡からの親身な言葉もあって、精神科を受けることに。すると境界性パーソナリティー障害の可能性が高いと判明するのだった。

しかしネット上では、一連の精神疾患を疑うシーンに対して

《寝ながら泣いてるだけで精神病の疑いってほとんどの人間そんな夜だってあるじゃん》
《精神科にかかる必要ある? なんかもっと症状あると思ってたけど夜泣いてただけ?》
《寝ながら泣いてたから精神科行けってなかなか強引だな》
《医療ドラマなのに、具体的にどういう症状がどの精神疾患なのか言わないの違和感…》
《今回の話、なんなんだって印象 あのくらいで精神科って言われたら世の中そんな人溢れまくってない?って思ってしまう》
《なんかこれ精神疾患が性格悪いみたいに誤解されない?》
《パーソナリティ障害を精神疾患とかいうクソドラマ》

など反発の声があがっている。

ドラマで扱うには、難しいテーマであったようだ。

【あわせて読みたい】