菊池雄星の家族にセクハラコメント!“体型警察”が出動「ムチムチでやばい」

菊池雄星の家族にセクハラコメント!“体型警察”が出動「ムチムチでやばい」 

(C)file404 / Shutterstock

アメリカ『シアトル・マリナーズ』の公式ツイッターが7月14日、『オールスターゲーム』に参加した菊池雄星投手の家族写真を投稿。ファンの注目を集めている。

《The Kikuchi family has arrived #AllStarGame》とつづられた投稿には、『コロラド・ロッキーズ』の本拠地クアーズ・フィールドで行われた「オールスターゲーム」前のレッドカーペットショーに登場した菊池一家の姿が。写真にはスーツ姿に長男を抱く菊池投手と深緑色のドレスを着用した瑠美夫人の3ショットが収められている。

これに対し、ファンからは

《奥様キレイすぎ!》
《幸せそうなファミリーですね》
《菊池投手はいい奥さんをゲットしたな~。うらやましい》

などといった声が寄せられている。

瑠美夫人の“服装”に目を光らせるネット民

一方で、菊池のむっちりとした体型と、そこはかとなくふっくらとしている瑠美夫人の姿に、ネット上では〝体型警察〟が出現。実際には、

《もう少し下着で整えられないものかね。身体のライン出過ぎでしょ》
《奥さんのムチムチボディーやばいな。とても絶妙な体型とドレスがなんともいえんね》
《これがアメリカ!って感じのドレスで良いと思う。ボディーラインも健康的だしね》
《服のピチピチとパツパツって似て非なるものなんだよな。せっかくグラマラスでお金もあるんだから、オーダーメイドでちゃんと自分の体形に合ったドレスにすればいいのに》
《将来の大谷の奥さんになる人は女子アナ以外でと、あらためて思った。まぁ、菊池にはお似合いだな》

などと、さまざまな声があがっている。

「どうやら瑠美夫人のムチムチボディーに注目が集まってしまったようですね。瑠美夫人は神奈川県出身の元フリーアナウンサーで、大学生時代は有名ファッション誌で読者モデルをしていたこともあります。大学を卒業した2009年、岡山放送に女子アナとして入社しましたが、翌年に退職。その後はフリーアナとして『ワールドスポーツMLB』(NHK BS1)の月~金曜キャスターなどを担当し、16年6月に菊池と結婚しました。現在は35歳になりますが、以前よりもぽっちゃりとしたようで、タイトなドレス姿では体型が目立ってしまったようですね。もっとも、ガタイのいい女性が多いアメリカではむしろ痩せている方ですから、現地でもかなり注目を集めていたようですよ」(スポーツ紙記者)

菊池は2011年に西武に入団し、プロ1年目に4勝を上げて期待されたが、その後、なかなか二桁勝利に届かず長らく低迷。しかし、瑠美さんと結婚した16年に12勝をマーク、翌年16勝、翌々年は14勝を上げるなど突如として覚醒した。

ネット上では《所詮、地方局アナ上がり》などと、辛辣な声が寄せられているが、どうやら菊池の活躍に嫉妬したアンチのひがみといえそうだ。

【あわせて読みたい】