『VS魂』大幅な“テコ入れ”が大不評「迷走してるよ」「愛がなさすぎる」

『VS魂』大幅な“テコ入れ”が大不評「迷走してるよ」「愛がなさすぎる」

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

フジテレビ系の『VS魂』が、7月15日放送回から大幅にリニューアルされた。視聴者は突然の内容変更に驚がく。「つまらない」と酷評を浴び、番組側が迷走しているのではと心配している。

前身番組の『VS嵐』と同様にスタジオでアトラクションに挑む内容だったが、この日は番組冒頭から「VS魂」メンバーが100メートル徒競走に臨むVTRが流されていく。収録スタジオでは『アンタッチャブル』の山崎弘也が「もう我慢できないわ! この番組何?」と混乱した。

一新されたスタジオ内で相葉雅紀は「新企画が始まったわけですよ。スタジオだけにとどまらず、外に出て戦わされてるのよ」と説明。風間俊介も「突然呼ばれてわけが分からない展開だと思うんですけど」とゲストの比嘉愛未に話を振った。

突然の外ロケ…陸上&水泳に料理企画も

VTRに戻ると、『四千頭身』の3人と、もう中学生、浜口京子、鈴木奈々が魂チームと400メートルリレーで対決した。その後はプールに舞台を移し、『よゐこ』濱口優、那須川天心、『A.B.C-Z』塚田僚一、あばれる君と水泳対決。また『東京ドイツ村』の坂道を舞台にボウリング、スタジオでガスバーナーを用いた料理対決も展開した。

前回まで放送されていたスタジオ内のアトラクション企画が続くのかは明らかになっていないが、視聴者は突然の路線変更に呆れた様子だ。

《フジテレビは番組を育てる気がないのかな 愛がなさすぎる》
《ただでさえ面白くない方だったのに、テコ入れによって悪い意味で無個性になり悪い意味でより人を選ぶものになった》
《スタッフどした? 嵐に比べると手抜きすぎちゃう? 相葉ちんかわいそう》
《まぁ、VS嵐と比べたらクオリティー激落ちの番組だから視聴率欲しいんだろうな~》
《テコ入れよな視聴率悪いんかな 迷走してるよ~~》
《VS嵐のソウルを受け継ぐんじゃなかったの?》
《ザキヤマに頼りすぎ感が否めないし、メンバーのチョイスからしておかしかったもんな…》

この調子で高い視聴率を保てるのだろうか。

【あわせて読みたい】