比嘉愛未『推しの王子様』初回6.0%! 視聴者の注目は降板した深田恭子に…

比嘉愛未『推しの王子様』初回6.0%! 視聴者の注目は降板した深田恭子に… 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

俳優の比嘉愛未が主演を務めるドラマ『推しの王子様』(フジテレビ系)が、7月15日にスタート。初回の世帯平均視聴率が6.0%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だったことが分かった。

同ドラマは、乙女ゲームを手がけるベンチャー企業の代表取締役社長・日高泉美(比嘉)が、自分の理想の推しにそっくりの男性・五十嵐航(渡邊圭祐)に出会い、五十嵐を自分の理想の〝王子様〟に育てるという、現代版の〝逆マイ・フェアレディ〟物語だ。

第1話ではゲームの開発資金集めに奔走する泉美の前に、いきなり空から五十嵐が振ってくるという、衝撃的な出会いが描かれた。

「同ドラマの泉美役は、本来であれば深田恭子が演じることになっていました。しかし、深田が体調不良で芸能活動を休止することを発表したため、急遽、比嘉に白羽の矢が立ちました。メルヘンチックな役どころは深田の真骨頂ですが、1話を見る限り、比嘉のコミカルな演技もなかなかのものでしたね。むしろ、既視感の強い深田よりも、比嘉の方が新鮮で視聴者の注目を集めるのではないでしょうか」(テレビ誌ライター)

ドラマの内容よりも気になる深田恭子という存在

初回放送に視聴者からは、

《これ、深田恭子がやる役だったんだよね。会社社長と言うなら比嘉さん似合ってるなぁ》
《空想の世界にいる様なシーンは深田恭子さん用の脚本かなって感じたけど、段々比嘉さんがぴったりな感じに見えてきた。今クールは比嘉さんを推します!》
《比嘉愛未はコメディエンヌの才もあるので、この設定にはしっくりきます。本作は単なる代役に止まらず比嘉さんの代表作になると思います》
《所どころ、深キョンの方が適してるかな?と感じるような場面もありましたが、ほとんど違和感なく、むしろ、比嘉愛未さんで良かったんじゃ?とすら感じるドラマでした!》
《ヒロインは比嘉愛未で大正解! イメージが深キョンだとちょっと違ったような…。とにかく、思ったより面白そう》

などと称賛の声があがっている。一方で、一部からは

《んーーやっぱりこれは比嘉愛未じゃなくて深キョンで観たかったかも》
《深キョン~!ってなった! 別に比嘉愛未さんが悪いとかじゃなくて、泉美さんがもう深キョンだった!》
《比嘉愛未ちゃん、やっぱり上手で安心感あるわ。でも深キョンだったらディーンさんと『ダメ恋』コンビだったのかぁと気づいた…》
《主演が深キョンなら、「またトンデモドラマやらされてるw」ってなるけど、この機にステップアップしたい比嘉愛未には酷だな》

などの声もあり、賛否を呼んでいるようだ。

急遽決まったスケジュールながら、1話の撮影に間に合わせたという比嘉。視聴者からは賛否あるものの、業界評価があがったのは間違いないだろう。

【あわせて読みたい】