『水ダウ』小倉優子の“激辛好き”キャラに疑問殺到「コリン星ばりの頑張り」

『水ダウ』小倉優子の“激辛好き”キャラに疑問殺到「コリン星ばりの頑張り」 

(C)まいじつ 

7月14日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)に、タレントの小倉優子が出演。〝激辛好き〟キャラとして登場したものの、「コリン星ばりの頑張り」と疑問の目を向けられている。

この日は、〝辛さに強い人vs辛さは苦手な大食いの「激辛大食い」トントン説〟を検証。辛さに強いという小倉、鈴木亜美、瑛茉ジャスミンがチームを組み、辛さは苦手だが大食いは大得意のフードファイターチーム(菅原初代、アンジェラ佐藤、三宅智子)と対戦。さらにこの対戦には、とにかく頑張るチーム(団長安田、瀬下豊、初瀬悠太)も加わって三つ巴となった。

先にデスソース1000mlを消費できれば勝利というルール。辛さが苦手な出演者は、ラーメンの汁にデスソースを入れたり、グラタンにデスソースをかけたりなどして辛さをまぎらわせようとしたが、たった10mlのデスソースがかかったラーメンを食べて悶絶。序盤は全く食べ進めることができず、辛さに大苦戦した。

一方で辛さに強いチームは、瑛茉ジャスミンが100mlのデスソースがかかった麻婆豆腐を涼し気に食べ進めたほか、鈴木はステーキに60mlのデスソースをかけて食す。小倉はグラタンに40mlのデスソースをかけて、「あっ、辛い。辛いけどいつもより食欲が増す感じですかね」とコメントしながら食べていった。

激辛が苦手な人より食べられなかったが…

こうして快調にデスソースを消費していく辛さに強いチームだが、中盤でお腹いっぱいになってペースダウン。すると、味覚がマヒした菅原が、根性でデスソースをどんどん消費し、一気に追い上げていく。そしてついに追いつくことに成功したのだが、辛さに強いチームは瑛茉ジャスミンがデスソースをそのまま飲むという荒業を披露。なんとか勝利を収めるのだった。

最後に各プレイヤーのデスソース消費量が発表されたのだが、1位は瑛茉ジャスミンの540ml、2位が菅原の520ml、3位が鈴木の280ml、4位がアンジェラの255ml、5位が三宅智の205ml、6位が小倉の180mlとなっていた。

するとネット上では、辛さに強いはずの小倉が全然消費できていないとの指摘が。

《鈴木亜美さんが激辛に強いのは知ってたけど、小倉優子は強いの? 正直、見てて我慢しているだけにしか見えなかったが…》
《鈴木亜美さんと瑛茉ジャスミンさんは他の激辛番組で何度も完食したのみたことあるけど、小倉優子さんも激辛強いの?》
《全然激辛つよないやん。またキャラか。人生大変やな》
《小倉優子の激辛好きはコリン星ばりの頑張り》
《ゆうこりんが激辛好きってはじめて聞いたが、なんかどんな角度からでも仕事を取りにくるスタンスは素晴らしいな》

といったツッコミが起こっている。

小倉は他番組でも激辛好きキャラとして出演しているだけあって〝本物〟のようだが、今回のは流石に辛すぎたのかもしれない。

【あわせて読みたい】