『Mステ』ついに打ち切り!? アーティストの生演奏ナシで末期か…

『Mステ』ついに打ち切り!? アーティストの生演奏ナシで末期か… 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

1985年から始まり、放送36年目に突入した長寿音楽番組『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)。アーティストによる生パフォーマンスが魅力の同番組だが、最近は過去のVTRで尺を稼ぐことも少なくない。そしてついに7月16日の放送では、アーティストのパフォーマンスがなくなってしまった。

いつもはゲストで埋まっているスタジオだが、この日は総合司会のタモリとサブ司会の並木万里菜アナのみ。番組も過去VTRを紹介する形式で進行していくことに。

まず放送されたのは、「総勢3000人が厳選! 元気をもらえる名曲BEST10」というランキング企画。一般人と芸能人を対象とした3000人に元気が出る曲についてアンケートを実施し、その中から数人のアーティストがVTRに登場した。

告知などには、Adoや上白石萌音、『Snow Man』の名前があったが、いずれも元気ソングを紹介するVTRに登場するのみ。アーティストの新たな一面が見つけられるようなものではなかったのだ。

VTRばかり? バッシングが続出してしまう事態に…

番組後半では、「視聴者が厳選! Mステ元気をもらった名場面」と題した企画を放送。1382回の放送から視聴者が選んだ名場面が一挙に公開された。過去の放送をつなぎ合わせただけの番組に対し、視聴者からは、

《Mステわろた。こりゃあひどい》
《もしかして、これ誰も歌唱してないんですか…? しゃべりとランキングのVTRだけ…?》
《だれもパフォーマンスしてなくなかった? そんなことない?》
《最近VTRばっかりでちょっとね~と思ってたけど今日のMステはさすがに酷すぎる。一曲も歌わないなんて… もう二度と見ねえぞ》
《え? 今日ってひたすらVTR見せられるだけなの? 損した》
《Mステでやるなら生披露だし、なぜVTR?》
《最近のMステ、過去のVTRばかりで面白くない》
《今日のMステって全編VTRなん? ひでーな! やる気なさすぎ!》

などと厳しい意見が続出。

「『Mステ』は新型コロナウイルスの蔓延を境にして《アーティストの企画が少なすぎる》という意見が多くなってしまいました。コロナ禍で収録スタイルが変わった番組も、ここ最近は以前のような収録スタイルに戻りつつあります。そのため、『Mステ』だけ今も出演者を絞って制作費の節約をしていると思われても仕方がないのかもしれません」(芸能ライター)

確かに新型コロナ終息の目処が立っていない難しい状況であるため、それを無視した番組作りはできないのかもしれない。視聴者から見捨てられないように、なんとか頑張ってもらいたいものだが…。

【あわせて読みたい】