『ダマされた大賞』事故寸前の“危険行為”が波紋「絶対ダメでしょ」

『ダマされた大賞』事故寸前の“危険行為”が波紋「絶対ダメでしょ」 

(C)Yuricazac / Shutterstock 

7月18日放送の『うわっ!ダマされた大賞2021夏』(日本テレビ系)で、子役があばれる君にドッキリを仕掛けた。このドッキリ中に危険な行為があったと話題になっている。

7歳の子役・川原瑛都があばれる君と『アインシュタイン』の稲田直樹をターゲットにドッキリを仕掛けた。このうち、あばれる君は室内のゴミ箱の中に身を潜め、川原が近付いたところで飛び出して脅かした。

だが川原は「聞いてない!」と怒り、マネージャーを呼び出すなどご立腹のフリをする。原稿用紙1枚弱分のセリフを完璧に覚えた川原の迫真の演技に、あばれる君は戸惑った様子。2回目のドッキリで、あばれる君がゴミ箱から飛び出した瞬間に川原がネタバラシ。あばれる君に水鉄砲を放ちながら「すいませんでした!」と笑顔を見せた。

水鉄砲を放つ先に配電盤が…?

あばれる君は水を浴びながらも「よかったー!」「マジで緊張感走ったんですけど!」と安ど。だがこの時、あばれる君の後方に配電盤らしきものが映っていたと視聴者から指摘が。配電盤に水がかかる位置に、あばれる君を隠れさせた番組サイドを批判する声が多数見られた。

《ダマされた大賞、水鉄砲ぶっ放した真裏になんかの制御盤っぽいの見えたんだけど大丈夫… なんだろうよね》
《ダマされた大賞のドッキリであばれる君に水鉄砲ぶっ放してるんだが、彼の背後に分電盤が… 絶対ダメでしょ》
《後ろに制御盤有るのに子役に水鉄砲撃たせるとかコンプライアンス大丈夫?》
《ダマされた大賞あばれる君への水鉄砲が後ろの配電盤にかかってそっちがドキドキハラハラした》
《ダマされた大賞、配電盤に向かって水鉄砲はまずいでしょ…》
《水鉄砲が後ろの配電盤にかかってそっちがドキドキハラハラした》

事故にならなくて本当によかった。

【あわせて読みたい】